ファンドマネージャーの勤務先の種類・外資と日系の違い

ファンドマネージャーの勤務先・働き方の種類

ファンドマネージャーの多くが金融機関に所属

日本では、ファンドマネージャーのほとんどが信託銀行、投資信託委託会社、投資顧問会社、生命保険会社損害保険会社等に会社員として所属しています。

新卒でファンドマネージャーとして採用されることはかなりまれで、ほとんどは総合職の正社員として採用されのちに、適性や本人の希望から抜擢されるケースが多いです。

さまざまな仕事を経験し、金融マーケットに関する総合的な知識がないと、巨額の資金を任せることはできないためです。

証券アナリストの資格を持っていたり、複雑な金融工学に詳しかったりする人が抜擢される可能性も高いでしょう。

アナリストとして経験を積んだのちにファンドマネージャーへ

企業や業界、相場を専門的に分析するアナリスト職からファンドマネージャー職へ転向する人も多いです。

ファンドマネージャーは、1日に数百億円単位のお金を動かすこともありますので、金融マーケットに関する豊富な知識や、相場を確かに判断する力とセンスが要求されます。

ファンドマネージャーに情報提供する役割のアナリストとして金融知識、情報収集法、業界動向などを身に付けることが、実際にファンドマネージャーになった時に役に立つのです。

中には、金融機関で経験を積んでから、会社から独立して自分で投資信託委託会社や投資顧問会社を設立し、投資信託の商品を売り出して自らオーナーファンドマネージャーとして活躍している人もいます。

ファンドマネージャーの仕事内容

投資信託委託会社で働くファンドマネージャー

投資信託委託会社とは、投資信託を設定して、運用方針に沿って運用する会社のことです。

投資信託委託会社では、投資信託約款の作成、目論見書の作成、受益証券の発行、信託財産の運用指図、運用報告書の作成などを行います。

最近では、運用報告書を投資信託の決算期だけではなく、毎月・毎週作成して顧客に運用動向をレポートする会社も増えています。

投資信託委託会社では、他の会社と比べるとファンドマネージャーとして活躍できる可能性も高くなりますが、銘柄について調査する「調査部」、金融機関に営業する「営業部」など他の部署に配属される場合もあります。

保険会社で働くファンドマネージャー

生命保険会社や損害保険会社では、顧客から保険料として預かったお金を運用して増やしています。

ファンドマネージャーは資産運用部門に所属して、会社の利益を増やすために運用を上手くすることがミッションとなります。

ただし、保険会社でのメイン業務は保険の販売やアフターフォローとなるので、資産運用部門に所属できるかは運次第といえます。

投資顧問会社で働くファンドマネージャー

投資顧問会社は、「投資助言業務」や「投資運用業務」を個人投資家の代わりに行う会社のことです。

経営者や法人で「投資をしたいけれど知識がない」というお客さまの代わりにとなり、投資の手助けを行うことになり、顧客としては投資銘柄探しの手間をかけずに高い運用益が期待できるのがメリットです。

ファンドマネージャーとして投資顧問会社で働く場合は、他の金融機関と同じく、ファンドの運用方針を定め、ファンドを運用することが仕事になります。

独立・開業して働くファンドマネージャー

ファンドマネージャーの多くは会社員ではありますが、独立心のある人がとても多く、中には独立して自分の会社を立ち上げるという人もいます。

金融機関などで実績を残すことができれば、独立や開業してファンドマネージャーとして働くことも考えられます。

金融機関所属時に運用実績の良い商品を運用していたということがアピールできれば、それまでの顧客が独立後もついてきてくれる可能性も高いですし、新規で顧客になってくれる人もいるでしょう。

ただし、運用成績が悪くなれば、契約を解除されてしまうので、独立後も金融知識のアップデートや世界情勢や市場をチェックして、運用の質を落とさない努力を怠らないことが大切です。

外資系と日系の仕事内容の違い

日系企業でも外資系企業でも、ファンドマネージャーという仕事の内容自体に大きな違いはありません。

ただし、日系企業に所属するほとんどのファンドマネージャーは、会社に所属するファンド運用担当者の一人である会社員に過ぎないのです。

なぜなら、多くの日本の会社は新卒の採用をついて「営業職」「事務職」といった大まかな募集をすることはありますが、特定の職種に絞って募集することはあまりないからです。

ましてや、ファンドマネージャーを抱える会社であっても、ファンドマネージャーの人員は大人数ではありません。

あくまでも会社の中にある多数の部署にいる人が行う仕事のひとつなのです。

一方で外資系の場合は、ファンドマネージャーとしての職業に特化した採用が行われて、ファンドマネージャーとしての能力が認められなければクビになることもあります。

外資系と日系のファンドマネージャーになる方法

日系企業では、総合職として金融機関に就職した後に、適性や本人の希望を見てファンドマネージャーとして抜擢されることが多いです。

ファンドマネージャーになりたいと思っても人事次第なので、ファンドマネージャーの比率が多い企業であってもなれる保証はありません。

また、信託銀行のファンドマネージャーは、あくまでもジョブローテーションの一環であることが多く、次の人事異動ではまったく別の部署に配属されることもあります。

一方、外資系企業の場合は、未経験であっても採用してもらいやすいアナリストとして入社して、適性や実績を見てファンドマネージャーに昇格する人が多いです。

ファンドマネージャーとしての実績ができれば、より良い条件の会社を求めて転職することもできます。

外資系と日系の給料・待遇の違い

外資系企業と日系企業のファンドマネージャーの違いと言えば、報酬制度の違いが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

日系のファンドマネージャーはあくまでもサラリーマンですが、成果型報酬制度に加えて年功序列の給与設定がされているところも少なくありません。

それでも、他の職種と比べて高額な給与ではありますが、それでもまだまだ外資系であるような年収数千万・数億円という給料には遠いようです。

しかし、うまく転職できれば収入は確かに格段に上がるかもしれませんが、それはさらなる弱肉強食の世界に足を踏み入れるということに他なりません。

外資系と日系はどっちがおすすめ?

上記の通り、外資系のファンドマネージャーは、成績が良ければ報酬は数千万~数億円と一般のサラリーマンと比べると夢のような報酬を得ることができます。

しかし、運用するファンドの成績が悪ければ、簡単に首を切られるので、日系企業のような安定は求められません。

そんな厳しい世界であっても、巨額の報酬を目指したい、自分の力を試してみたい、さらに生活を向上させたいという意気込みと根性のある人に外資系のファンドマネージャーは向いていることでしょう。