不動産鑑定士の実務修習とは

不動産鑑定士の実務修習制度

不動産鑑定士は、試験に合格してもすぐに働けるわけではありません。

資格を登録して業務を行うためには「実務修習」と呼ばれる所定の研修を受講することが必要です。

これは、弁護士における司法修習と似たような制度であり、不動産鑑定士に求められる高い専門性と知識を身につけるため、新たに資格を取得した人全員に履修が義務付けられているものです。

実務修習は、おおまかに「講義」「基本演習」「実地演習」の3段階で実施され、1年コースと2年コースの2種類がありますが、内容自体は同じです。

1年コースは研修を短期で終えられるメリットがあるものの、基本演習と実地演習を同時並行でこなすなど、スケジュールがかなりタイトであるため、大半の人は2年コースを選択するようです。

さらに、すべてのカリキュラムを終えた後には、3ヵ月以内に「修了考査」を受けなくてはなりません。

修了考査に合格すると、各都道府県の協会に登録し、晴れて不動産鑑定士としてのキャリアをスタートさせられます。

なお、実務修習全体を通して約100万円ほどの研修費用がかかるため、経済的な負担は決して小さくはなく、修習生の間はどの不動産鑑定士も生活が苦しくなりがちです。

実務修習の内容

ここでは、実務修習の内容について紹介します。

講義

講義は、不動産の鑑定評価業務に必要となる実務知識を身につける課程であり、統計や登記法などの基礎知識、更地や区分所有建物といった物件ごとの種類別鑑定法などを学びます。

かつては、指定された大学などに集まって講義を受ける必要がありましたが、現在では受講生の負担を軽減するために、インターネットによる「eラーニング」での受講が可能です。

それぞれの科目の講義を視聴し終えた後に確認テストが実施され、それに合格すると修了となります。

基本演習

基本演習からは、宿泊を含めた集合研修となり、鑑定評価報告書を作成する一連の流れについて、実践形式で学びます。

更地や借地、借家などの物件属性ごとに4段階に分けて、1段階ごとに2~3日、合計10日間にわたる演習を行います。

それぞれの段階で、指定期日までに鑑定評価報告書を作成・提出し、それにもとづいて単元認定が審査されます。

実地演習

実地演習は、より不動産鑑定士の実務に即した内容となり、現実に存在する不動産を題材として、鑑定士の指導の下で鑑定報告書を作成します。

宅地、農地、自家用建物、収益物件など、定められた期間内に計13件の物件を調査し、評価書を作成しなければならず、とくに1年コースの場合はかなり厳しい日程です。

基本演習と同様、各修習生が完成させた報告書にもとづいて単元認定が行われますが、不動産鑑定評価の実務経験が一定以上ある人については、一部課程が免除される「みなし履修」制度もあります。

修了考査の内容

講義、基本演習、実地演習すべての単位を修得すると、修了考査を受けることが可能となり、修了考査は「口述考査」と「記述考査」の2形式で実施されます。

口述考査は、修習生が期間中に作成した鑑定報告書の内容について、試験官3名からの質疑に応える形で実施されます。

記述考査は、基礎知識から技術的な専門知識まで幅広い分野から出題され、不動産鑑定士試験さながらに択一式と論文式による試験が行われます。

合格率は例年85%前後で全員が合格できるわけではなく、不合格者は再試験を受けなければなりません。