不動産営業の種類

不動産営業の種類はたくさん

不動産業界で働く営業職は「不動産営業」とひとくくりに呼ばれることも多いですが、じつは扱う不動産の種類などによって、複数の種類に分けることができます。

それぞれ具体的な業務内容も異なりますが、ここでは代表的な不動産営業の種類を紹介していきます。

賃貸仲介営業

私たちにも馴染みのある「街の不動産屋さん」といえば、たいてい賃貸仲介営業のことを指しています。

賃貸仲介営業は、家を借りたいエンドユーザーと、家を貸したい大家さんや不動産管理会社の間に立ち、両者を結びつけることをおもな役目とします。

具体的な業務内容は、店舗に来店されたエンドユーザーに対し希望の物件の条件をヒアリングして、最適な物件を提案し、実際に物件を案内すると同時に、必要に応じてオーナーや管理会社に連絡をとり、条件の交渉や調整を行います。

そして、いざエンドユーザーが物件を決める段階になったら、契約準備や締結までの一連の手続きを担当します。

売買仲介営業

売買仲介営業は、マンションや一戸建て、あるいはオフィスビルなどの不動産を売りたい人と買いたい人の間に立って、両者を結びつける仕事です。

不動産を売りたい人を探し、不動産の査定を行い、購入希望者を見つけて、売買に必要な契約手続きを進めていきます。

なお、ここで扱う不動産は個人所有のものと法人やファンド所有のものがあり、後者では億単位の高額な不動産もあります。

税金や融資といった専門知識も必要になり、さらに売主と買主のどちらもが納得できるように交渉を進める力が求められてきます。

投資用不動産営業

マンションなど、投資用の不動産を販売する仕事です。

最近では資産形成のひとつの手段として投資用マンションの需要が高まっており、それを専門的に扱う企業も増えています。

基本的に、投資用不動産ビジネスでは賃貸仲介営業のように来店されたお客さまに接客をするわけではないため、テレアポなどでお客さまを見つけて、商談の機会を得ることが重要です。

高額な不動産を扱うことが多く、税金や保険、ローンなどの知識も求められてきます。