不動産営業は激務?離職率は?

不動産営業はきつい仕事?

不動産業界や不動産営業の仕事は、「激務できつい」といわれることが多いようです。

もちろん、不動産営業といっても、人によって働く会社も違えば、扱う商品やお客さまの種類も異なるため、すべての人が同じような苦労をしているわけではありません。

この仕事でとくに大変といわれるのは、個人のお客さまに対しての営業活動をする場合です。

たとえば、一日中お客さまを見つけるために電話をかけ続けたり、飛び込み訪問を行うといった仕事があります。

しかし、話を聞いてもらえることはほとんどなく、軽くあしらわれたり文句を言われたりするために精神的なストレスが溜まります。

結果を出すことが求められる

単価の高いマンションや戸建ては簡単に売れるようなものではなく、なかなか結果に結びつかないこともあります。

しかし、不動産営業の仕事では、基本的に個人の成果がすべてであり、しっかりと結果を出せる営業が評価されていく世界です。

売上や契約数などが明確に数字として表れるために、必死で成果を出すことが求められやすい仕事というところも、不動産営業が激務といわれる理由のひとつになっているでしょう。

土日は仕事が入りやすい

不動産営業に関わらず、不動産業界では土日に仕事が入りやすいため、他の業界で働いている人とはなかなか休みが合わないといったことが出てくるでしょう。

また、繁忙期になると休日返上で働かなくてはならないこともあり、ものすごく忙しい日々を送ることになる場合があります。

お客さまありきであるため、自分のペースだけで仕事が進められないことも、この仕事の大変な一面です。

離職率は会社によっても異なる

厳しい個人ノルマが課せられていたり、大きな成果が求められる仕事の場合は、その分インセンティブがたくさんつくなどの見返りも大きなものとなりますが、厳しさに耐えきれずに離職する人も少なくないようです。

しかし、実際の離職率は会社や、担当業務の内容によってもだいぶ異なるようです。

たとえば賃貸仲介の営業は、店舗に来店されたお客さまに接客を行うカウンターセールスが中心となるため、毎日テレアポを続ける新規営業のような厳しさはなく、離職率が低いというケースもあります。

激務で辛い場合は、転職を考えることも大切

会社にもよりますが、基本的に不動産営業の仕事は激務で、結果も求められるため、辛いと感じることが少なくありません。

どうしても激務が辛い場合は、労働時間が少ない業界や職種への転職を考えることも大切であると言えます。

不動産営業の仕事は、やりがいも責任も大きく、本当に自分に向いているか不安に感じる人も多い職種です。

真剣に転職を考えている場合は、営業職求人を多数取り扱うリクルートエージェントに相談し、キャリアコンサルタントによるカウンセリングを受けてみましょう。