中卒、高卒から不動産営業になれる?

学歴はあまり重視されない

世の中にはさまざまな種類の仕事がありますが、なかには、学歴が重視されやすい業種や職種というものも確かに存在します。

有名な大学や、大学院を出ていないと就職できない会社もあります。

その一方、不動産営業という仕事に関しては、学歴がさほど問われないものとして知られています。

その大きな理由は、不動産営業に何よりも求められることは「結果を出すこと」、つまり「数字を上げること」だからです。

不動産営業は契約をたくさんとって、大きく売り上げる人こそが評価される実力主義の要素が強い世界となっており、そこに学歴はあまり関係ないと考えられています。

中卒や高卒でも活躍できる

実際、多くの不動産会社では、営業職については「学歴不問」の採用を行っています。

中卒や高卒であっても、真剣に仕事をしようという意欲や熱意さえあれば、採用される可能性は十分にあります。

なお、不動産営業は個人に「ノルマ」が課せられることも多いため、精神力が必要になる仕事です。

学歴が低くても、とにかく仕事で頑張って成果を出そうという強い気持ちを持った人であれば、しっかりと評価してくれる会社はあります。

また、給料については成果に応じたインセンティブ制度が導入されている企業が多いため、学歴問わず、結果を出せる人は速いスピードでの昇給が期待できます。

一部の大手企業では大卒中心の採用となることも

ただし、気を付けておきたいのは、一部の不動産会社では営業職でも「大卒以上」の学歴を応募資格に掲げるところもあるということです。

とくに上場企業や規模の大きな企業では、それなりの学歴が必要とされる場合があります。

ただし、どれだけ有名な大学を出ていても、入社後に活躍できるかどうかはわかりません。

学歴関係なく、不動産営業としての適性があり、仕事に前向きに取り組んでいく熱意や心の強さが求められるといえます。