フードコーディネーターの求人・就職状況・就職先選びのポイント

フードコーディネーターとして活躍する方法は「フリーランス」「企業への就職」の2つのパターンがあります。

フリーランスでは自ら企業などにPRをしていきますが、企業に就職する場合はどのような選び方があるのでしょう?

この記事では、求人・就職状況・就職先選びのポイントを解説します。

フードコーディネーターの就職先

フードコーディネーターの働き方
  • フリーランス
  • 特定の企業や団体に所属する

フードコーディネーターの働き方を大きく分けると、フリーランスでさまざまな仕事を請け負う人と、特定の企業や団体に所属して働く人の2パターンがあります。

フードコーディネーターとして企業等に就職する場合は

  • 食品メーカーなどの企業
  • レストラン
  • キッチンスタジオ
  • スポーツ関連施設

などが挙げられます。

中には企業で何年か経験を積み、自信を付けたのちに独立する人や、アシスタントを経て独立していく人などもいます。

フードコーディネーターの働き方の種類とその特徴

フードコーディネーターの求人の状況

フードコーディネーターは、食に関連するさまざまな場所で必要とされている職業です。

しかし、フリーランスで働く割合が多く、企業が「フードコーディネーター」という職種名で社員を募集するケースは多くないのが実情です。

フードコーディネーターの就職先のひとつとなる食品メーカーでは、「商品企画」や「宣伝」の仕事に携わりながら、食の知識を生かして活躍します。

また、飲食店を運営する会社の本部に勤める場合たとえフードコーディネーターという肩書きではなくても、飲食店の新規出店やプロデュースに携わるなど、フードコーディネーターとしての知識やスキルを存分に発揮することもできます。

企業の募集要項を見るときは職種名にとらわれず、仕事内容まで確認し、やりたい仕事ができる勤務先を探すとよいでしょう。

フードコーディネーターの就職先の選び方

フードコーディネーターとして企業に就職する場合は、勤務先の社員やスタッフとして働くことになるため、基本的に自社の業務以外には携われません

安定した収入を得ながらキャリアを伸ばし、個人ではなかなか請け負えないダイナミックな仕事を経験できることがあります。

フードコーディネーターの志望動機・面接

フリーランスであれば、実際に面接をしたり志望動機を問われたりする機会はあまりありませんが、フードコーディネーターは企業に就職する際に必ず志望動機を問われます。

「フードコーディネーターとして何をしたいのか? 何ができるのか?」をしっかりと考えておくことは大切です。

幅広い仕事に関わるフードコーディネーターは、「フードコーディネーターとしてこういうことがやりたい!」という強い意思を持ち、自分で自分の道を切り開いていく気持ちが大切です。

フードコーディネーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

食品メーカーでは、「商品企画」や「宣伝」としてフードコーディネーターのような仕事をする職種が募集されることもあるため、しっかりと仕事内容を吟味して就職先を探すとよいでしょう。

師匠の下でアシスタントとして経験を積みたい場合は、まずはプロのフードコーディネーターのアシスタント募集を見つけ、応募する必要があります。

フリーで活躍するフードコーディネーターは多いため、アシスタントの需要もそれなりにあるといえます。

個人がアシスタントを募集する際は普通、求人サイトなどには掲載されず、フードコーディネーターの個人ホームページやブログ、SNS上などで募集することが多くなっているようです。

「フードコーディネーターの求人」のまとめ

企業がフードコーディネーターという職種名で社員を募集するケースは少ないですが、新規店舗のプロデュースなど、仕事内容によってはフードコーディネーターの知識を生かすことができます。

そのため、企業の募集要項を見るときは、職種名にとらわれず仕事内容を確認してやりたい仕事を探すとよいでしょう。

また、プロのフードコーディネーターのホームページやSNSなどで、アシスタントを募集することもあります。

フードコーディネーターは幅広い仕事の中から、こういうことがやりたい!という強い意思を持って働いています。

そのため、フードコーディネーターとして何をしたいのか? 何ができるのか?をしっかりと考え、面接に挑みましょう。