イベントプランナーの求人状況・就職先選びのポイント

イベントプランナーの主な就職先となるのは、広告代理店・イベント制作会社です。

イベントを手掛ける会社は一般的に人気があり、採用は高倍率となることがほとんどで、なかには欠員が出たときだけ採用を行う企業もあります。

イベントプランナーとして活躍するためには、まず企業に就職して経験を積むことが必要です。

本記事では、イベントプランナーの就職先や求人の状況、その選び方などを紹介します。

イベントプランナーの就職先にはどんなところがある?

イベントプランナーの主な就職先となるのは、

  • 広告代理店
  • イベント制作会社

です。

大小さまざまな規模の会社があり、イベントを手掛ける会社の採用は高倍率となることがほとんどです。

なかには定期採用は行わず、欠員が出たときだけ採用を行う企業もあるため、狭き門となることを覚悟しておきましょう。

イベントプランナーの就職先・活躍の場

イベントプランナーの求人の状況

未経験者や新卒社員の場合、入社してすぐにイベントプランナーとして働けることはほとんどありません。

まずは営業など別の職種からスタートしたり、総合職といった形で採用されたりするのが一般的です。

その後、本人の強い希望や適性があるとみなされることで、イベントプランナーの仕事を任されるようになります。

「イベントプランナー職」としての採用が行われる場合は、経験者=即戦力となれる人が求められていることが多く、中途採用で未経験からスタートするのは難しいのが現状です。

採用されやすい傾向にあるのは、

  • イベントプランニングの経験者
  • 営業職やマーケティング
  • プロモーション関連の業務の経験者

などが挙げられます。

イベントプランナーの就職先の選び方

イベントを手掛ける広告代理店やイベント制作会社は全国にさまざまあり、

  • 国際的なイベントを手掛ける会社
  • 地元のイベントを専門に行う会社
  • 特定ジャンルのイベントの身を手掛ける会社

などそれぞれ特色があります。

自分が好きなイベントや、感動したイベントはどの会社が企画しているのかを調べてみるのもよいでしょう。

また、特定のイベント会場やテーマパークなどでイベントをしたい場合は、直接その会場に就職するという方法もあります。

イベントプランナーの志望動機・面接

イベントプランナーで重視されているのが面接です。

イベントプランナーは人気がある職種のため、

  • 熱意
  • 向上心
  • 適性

があるかというところまで厳しく判断されます。

イベントプランナーの仕事では多数のスタッフを動かすことが多いため、

  • 初対面の人とも明るく対応できる
  • きちんと会話ができる

ことがポイントとなります。

「この分野に関しては誰にも負けない!」といった自分ならではの強みを志望動機に盛り込むと、目に留めてもらえることもあります。

イベントプランナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

イベントプランナーの就職先はどのように探したらいい?

公式サイトをチェックする

イベントプランナーの仕事は、一般的な求人サイトやハローワークでも見つけられますが、おすすめは希望する企業の公式サイトをチェックすることです。

公式サイトでは

  • 新卒採用に関する詳しい情報
  • 不定期で中途採用やアルバイトの求人募集

が掲載されることもあります。

アルバイトとして働く

イベントプランナーは求人が少ないため、まずはイベント制作会社などでアルバイトをし、経験を積んで正社員を目指すことも方法のひとつです。

アルバイトの募集は比較的多くあります。

業界に入り込めれば、イベントプランナーの仕事を間近で見れますし、関係者と人脈を作るチャンスも出てくるかもしれません。

実力が身につけば、よりよい待遇の企業へ転職をしたり、独立して働いたりすることも可能です。

「イベントプランナーの求人状況・就職先選び」のポイントのまとめ

イベントプランナーの主な就職先は広告代理店やイベント制作会社ですが、未経験者は別の職種からスタートするのが一般的です。

就職先の選び方・探し方としては、自分が感動したイベントを手掛ける会社や、気に入ったテーマパークのイベントを引き受けている会社の公式サイトを調べるなどの方法があります。

また、アルバイトとして入社し実力をつけることで正社員登用や独立への道が拓けることもあるでしょう。