映像制作会社に特有の職種

ディレクターの仕事

映像制作会社には、この業界特有のクリエイティブな仕事を担当している人たちがいます。

ここではそれぞれの職種について説明します。

まずはディレクターです。

映像制作会社のディレクターは、テレビ局から業務委託を受けたテレビ番組や企業から発注されたコマーシャルなどの映像を作り上げるための司令塔としての役割を果たします。

クライアントがターゲットとする視聴者層を意識しながら企画や具体的な構成を練り、実際の撮影の段取りや編集作業まで全ての作業を担当します。

自分のアイディアやセンスを発揮できるクリエイティブな仕事である一方で、クライアントの意向を正確に汲み取ったりカメラマンや編集マンとの意見を丁寧にすり合わせたりする必要があるので、高いコミュニケーション能力が求められる職業です。

編集マンの仕事

ディレクターが撮影してきた映像を編集するのが編集マンと呼ばれる人たちです。

編集機材で試写をしながら必要な映像を選びとり、意図した演出ができるように編集・加工していきます。

映像に関する知識はもちろんのこと、最新の機器を使いこなす高いテクニックも必要とされる職業です。

制作する映像作品の内容によっては、ディレクターや編集マンの代わりに、シナリオを制作する「シナリオライター」やCG技術を駆使して映像を作り上げる「映像クリエイター」が活躍していることもあります。

一般的には、ゲームやアニメ、ミュージックビデオなど実写映像を必要としない仕事では、このような職種の人たちが求められることが多いようです。

カメラマンやライトマンの仕事

映像制作会社の中でも特に規模が大きい企業の場合、撮影のプロフェッショナルであるカメラマンや照明のプロフェッショナルであるライトマンも自社で採用していることがあります。

カメラや三脚、照明器具などさまざまな機材を駆使しながら、被写体を最も効果的に切り取るための映像を撮影するのが彼らの役割です。