映像制作会社の就職、求人、採用の状況

慢性的な人手不足に陥る業界

映像制作会社が手がける映像の中には、テレビ局が放送するテレビ番組や広告代理店が手がけるコマーシャルが含まれます。

このような仕事は、経費削減の波の中で人件費を削られたり厳しい制作スケジュールを強いられたりすることが多く、納期間近には深夜残業が連続するような状況に陥ることもあります。

映像の仕事に強い憧れを抱いて入社してきた社員であってもハードな労働環境の中で早々に離職してしまうことがあり、慢性的な人手不足が続いているという企業も珍しくありません。

もともと学歴や資格を重視しない業界ということもあり、未経験者でも熱意があれば積極的に採用している企業もあるので、転職の希望がある人は積極的に挑戦してみるとよいのではないでしょうか。

映像制作会社による求人内容

映像制作会社が手がけている仕事はさまざまです。

東京や大阪などの大都市に本社を置く大手の映像制作会社の場合、テレビ局や広告代理店と強い繋がりを持っていることが多く、テレビ番組やインターネットのコマーシャルなどのコンテンツを制作する社員を募集していることがあります。

企業によってはゲームのCG制作を専門にしていたり、ミュージシャンのミュージックビデオを手がけていたり、料理専門の動画を作っていたりすることもあります。

全国各地にある小規模な映像制作会社の場合、結婚式や葬式で流す個人のプロフィールビデオや、講演会や就職説明会などで流す企業の紹介ビデオなどを制作していることが多いようです。

企業によって作る映像の種類が異なるので、求人の内容をよく見て、希望する仕事ができるかどうかを見極めましょう。

非正規雇用も多い傾向

映像制作会社の雇用形態としては、正規雇用の正社員だけではなく、非正規雇用の契約社員、派遣社員、アルバイトなどがあります。

仕事の依頼が入ったときだけ人を雇うほうが人件費を抑えることができるので、どちらかというと非正規雇用の活躍が目立つ傾向があるといわれています。

非正規雇用として入社して経験を積んだ後に正社員に登用されることもあるので、就職試験の際にはキャリアアップが可能かどうかを確認しておくとよいでしょう。