映像クリエイターの求人状況・就職先の選び方

映像クリエイターの就職先にはどんなところがある?

映像クリエイターを目指すのであれば、映像制作を専門に請け負っている制作会社や、テレビ局、広告代理店などの求人に応募するのが一般的です。

また、最近では結婚式やお葬式などの冠婚葬祭で流すプロフィールビデオやメッセージビデオを制作する企業も増えてきており、こうした企業で専門的に働く映像クリエイターもいます。

映像クリエイターの求人の状況

映像制作をはじめとしたメディア業界は、景気によって影響を受ける業界ではありますが、テレビのデジタル化やインターネットの台頭によって、昔に比べると映像の仕事は格段に増えているといっても過言ではありません。

映像制作スキルがある人や映像クリエイターの募集も増えつつありますが、その分映像クリエイターを目指す人も増えてきているため、決して油断できる状況ではないといえるでしょう。

映像クリエイターの就職先の選び方

就職を考える上で大切なのは、映像クリエイターの仕事が多岐にわたり、就職する企業によって力を入れているジャンルが異なるということです。

企業のテレビコマーシャルを制作しているところもあれば、アーティストのミュージックビデオが得意なところ、ゲームや映画用のCG映像をメインで引き受けているところもあります。

また、最近では結婚式で流すプロフィールビデオやメッセージビデオを制作する企業も増えてきています。

「映像」といってもその仕事内容は本当に幅広いので、自分がどんな分野の作品を作りたいのかをしっかりと考えた上で、企業を選ぶことが大切です。

映像クリエイターの志望動機・面接

映像クリエイターを目指すきっかけとしては「美しい映像を通して感動を共有したい」「楽しい映像で笑いを共有したい」「世の中に強く訴えたいことがある」など映像を通して伝えたいメッセージを持ったことが多いようです。

映像クリエイターは仕事の幅が広いので、自分がやりたいことがCMなのか、ゲームなのか、アニメなのか、ミュージックビデオなのか、大まかでもよいのでイメージを固めておくとよいでしょう。

これを明確にしておくことで、志望動機や志望企業もある程度絞ることができます。

映像クリエイターの志望動機と例文・面接で気をつけることは?

就職先はどのように探したらいい?

映像制作に関わる企業の求人は、各企業のHPをはじめ、求人サイトやハローワーク等でも見つけることができます。

映像制作系の大学や専門学校、スクール等に通っていた場合は、学校に求人が来ることもあるので、その中から志望する企業を探すのもよいでしょう。

また映像制作に関連した求人サイトも多数あります。

映像制作に関した求人がまとめられているため、効率的に探すことができるため、積極的に利用し情報収集するとよいでしょう。

そのほか、作品に自信のある人は自身のHPやSNSなどで積極的に発表しながら、フリーランスとして仕事を受注したり、企業からのオファーを待ったりするという方法もあります。