映像クリエイターの勤務時間・休日

映像クリエイターの勤務時間

映像クリエイターの勤務時間は、一般的なサラリーマンとは大きく異なります。

クリエイティブな仕事全般に言えますが、企画や編集、撮影などはスケジュール通りいかないことも多く、あらかじめ決められた期日に間に合わせるため不規則な勤務となることが多いようです。

たとえば取材や撮影の予定に合わせて早朝から深夜まで働くこともありますし、映像編集をする場合は期日に間に合わせるために徹夜で作業をすることもあります。

近年こうした労働環境は社会問題化しているため、働き方に配慮している企業も増えてきてはいますが、納期間近になるとどうしても忙しくなり寝食もままならないというのが業界の現実です。

映像クリエイターの休日

休日はあらかじめ決められていることが多いですが、必ずしも土日に休めるわけではなく、またスケジュールや仕事量によっては休日出勤を余儀なくされることもあります。

ときには休日を返上して修正作業を行ったり、何日も休みが取れなかったりすることもあります。

映像クリエイターのみならず業界全体にいえることですが、労働時間や休日に関しては予定通りにならないことが多いので、あらかじめ覚悟しておいた方がよいでしょう。

映像クリエイターの残業時間

納期が近付けば残業が多くなるのは必然ですが、この業界では深夜までの残業や徹夜作業も珍しくありません。

特にディレクターや編集を担当する場合は、期日に間に合わせるため徹夜をしてでも仕上げないといけない場面も多くあります。

映像クリエイターは忙しい? 激務?

映像に関する業界は激務というイメージが根強くあります。

テレビに関するものは特にスケジュールがタイトなため激務となりがちです。

CMやアニメなどは特に期日が決められていたりレギュラーで仕事があったりするために、必然的に残業が多くなります。

また企業や個人から仕事を請け負う場合は比較的安定して働くことができますが、4月や10月、イベント前など季節の変わり目が繁忙期となりやすく、この時期は残業が多くなるという特徴があります。

ただし近年ではこうした長時間労働や連続勤務といった現状を変えていこうと業界も動き始めており、会社を上げて残業削減に取り組んだり、深夜残業を禁止したりするなど環境を整えているところも増えてきています。

仕事の忙しさや残業の多さなどは企業によっても大きく違うため、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

映像クリエイターの休日の過ごし方

映像クリエイターも常に忙しいわけではなく、大きな案件が終わったり仕事に区切りがついたりすれば、長期で休みを取りゆったりと過ごすという人も少なくありません。

有給をまとめてとり、一週間ほど休んで海外旅行に出かけるなどして日頃の激務を忘れ、リフレッシュするという人もいるようです。

年末年始や盆休みに関しては、仕事の忙しさによるため必ず休めるわけではなく、暦通りに休日が欲しいという人は注意が必要です。

映像クリエイターの1日のスケジュール・生活スタイル