ドラッグストア店員の勤務時間・休日

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ドラッグストア店員の勤務体系の種類

ドラッグストアでは、店舗で働く正社員の勤務時間については「変形労働時間制」という形がとられていることが多いです。

原則として実働は8時間となっていますが、週あたりの平均労働時間を40時間以内として、そのなかで勤務時間を決められるのが一般的となっています。

アルバイト・パートであれば、営業時間内で1日に4時間~6時間程度働くケースが主流です。

ドラッグストア店員の勤務時間

ドラッグストア店員の勤務時間は、基本的に営業時間に沿ったものとなります。

都市部の店舗であれば、10:00~22:00くらいの時間帯で営業しているところが多く、このなかで「早番」「遅番」といった形のシフトで働くことが一般的です。

お客さまの数がさほど多くないエリアでは、もっと営業時間が短い店舗もあり、その場合は営業時間中「通し勤務」で働くこともあります。

ドラッグストア店員の休日

ドラッグストアは年中無休の店が多いため、店員は一週間のうち休日を交代でとることになります。

したがって、必ずしも土日に休めるわけではなく、むしろお客さまの数が多い週末は出勤になることが多くなっています。

休日の日数は勤務先によっても異なりますが、月に8日~10日程度は休めるようになっているところが大半です。

セール期間中など繁忙期は休みをとることが難しくなる場合もありますが、落ち着いている時期には有給を使って連休を取得することも可能です。

ドラッグストア店員の残業時間

ドラッグストア店員は、残業時間が多い傾向にあります。

とくにセール前は、店舗の営業時間後に準備を行うことになるため、遅くまで残って仕事をすることもあります。

どんな仕事でも忙しい時期というのはたいていありますが、なかにはサービス残業を強いられる職場もあるようです。

人手不足の店舗では、とくに残業時間がかさむ傾向が高くなっているようです。

ドラッグストア店員に夜勤はある?

ドラッグストア店員は店舗の営業時間内で働くため、夜勤をすることはまずないでしょう。

ただし、深夜まで営業しているドラッグストアはあるため、シフトによっては夜遅い時間まで働かなくてはならないことはあります。

ドラッグストア店員は忙しい? 激務?

ドラッグストア店員は多忙になりがちですが、休日がとれなかったり、深夜まで残業したりすることはあまりありません。

大手のドラッグストアなどでは、職場環境の見直しなど企業の努力と働きかけにより、店員が働きやすいよう勤務時間や休日を調整できることがほとんどです。

セールなどの忙しい時期でなければ、年次有給休暇や慶弔休暇などの特別休暇もとることができますし、育児休業や育児短時間勤務制度などを利用することもできます。

ドラッグストア店員の休日の過ごし方

ドラッグストア店員は、休日に突然呼び出しがあるようことはほとんどなく、落ち着いて休暇を取ることができます。

ただし、チェーン店の場合は勉強会や社内研修や、講習会などに参加しなくてはならないこともあります。

また、休日には他店のドラッグストアを見て情報収集をしたり、新商品について自主的に勉強したりする人も多いようです。

ドラッグストア店員の1日のスケジュール・生活スタイル