動物看護師の勤務時間・休日

動物看護師の勤務時間は実働7.5時間から8時間程度で勤務先によって異なります。

また休日は平日が多く、月に8日から9日程度です。

また平日に休みを取るため、家族や友人と予定を合わせることが難しいと感じている人が多く、一人で過ごすことが多いようです。

この記事では、動物看護師の勤務時間・休日について解説します。

動物看護師の勤務時間

動物看護師の勤務時間は、勤務する動物病院の診察時間により異なります

1日の勤務時間に関しては、一般的な動物病院の場合で午前7時~19時くらい、または午前8時~20時くらいが多く、実働7.5時間から8時間程度となっています。

動物看護師の休日

動物病院は土日に診療を行うことが多いため、そこで働く動物看護師の休日は平日になる場合が多いようです。

全体としては、月に8日から9日程度の休日をとる人が多く、一般的なサラリーマンの休日とさほど変わらないといえるでしょう。

ただし、勤め先の動物病院が診察だけでなく入院にも対応している場合、動物看護師の勤務時間も変わってきます。

宿直が入る場合、24時間のシフト制で交代勤務していくことになりますから、休む曜日も変動します。

有給休暇が何日あるかどうかも病院によって異なるため、就職先を考える際によく確認しておきましょう。

動物看護師の残業時間

動物病院で働く上で知っておきたいのは、自分の都合だけで仕事を終えることはできないということです。

人間と同様、動物の容態が急に悪化したり、緊急を要するケガや病気を抱えたりした動物がやってくることもあります。

そうした事態に対応するために、結果的に残業で労働時間が長くなることは日常茶飯事です。

また、動物看護師は診察補助の仕事以外にも、

  • カルテの整理
  • 薬の発注
  • 患者の問い合わせ対応

など、さまざまな業務をこなさなければならないため、診察時間終了後の落ち着いた時間にそうした事務仕事をするため残業するという人も多いようです。

動物看護師に夜勤はある?

大学病院など入院設備をもっている病院で、動物看護師が宿直を担当する場合には、24時間を交代で回すシフト制の勤務になります。

シフトは3交代制となっていることが多く、もちろん夜勤もあります。

人間と同様、動物も急に体調を崩したり容体が変化したりすることもあるため、気を抜くことはできません。

動物看護師は忙しい? 激務?

動物看護師は、どうがんばっても、助からない動物を目にしなければならないこともあります。

動物の死に直面するといった「精神的なプレッシャー」が重くのしかかり、肉体的な疲れ以上の疲労感を覚えるようになってしまう人がいるようです。

責任感のある人であればなおさら、重圧を感じることもあるかもしれません。

動物看護士の待遇面

動物看護師は勤務時間が長くなりがちで、待遇面でも恵まれていない職場が多いという課題が挙げられます。

動物を相手にするため、自分や人間だけの都合で仕事を終わらすことはできません。

もし緊急対処の必要な動物がきたら、休み時間を削って働き、残業することも多々あります。

動物看護師は国家資格ではないため、その社会的地位が確立されていません。

待遇面の課題
  • 給料が安い
  • 社会保険や福利厚生が整っていない

動物看護師を国家資格化する動きは活発になっていますが、残念ながら現状は厳しいといえるかもしれません。

動物看護師の休日の過ごし方

動物看護師はもともと動物好きなため、休日でも動物と触れ合ったりペットと過ごしたりするようです。

また動物看護師の多くは平日に休みを取るため、家族や友人と予定を合わせることが難しいと感じている人が多く、一人で過ごすことが多いようです。

動物看護師の1日・生活スタイル

動物看護師の勤務時間・休日のまとめ

動物看護師の勤務時間は、一般的に実働7.5時間から8時間程度です。

また、動物の容態が急に悪化したりするため、残業で労働時間が長くなることは日常茶飯事です。

動物看護師に夜勤があるかについては、大学病院など入院設備をもっている病院で、動物看護師が宿直を担当する場合、24時間を交代で回すシフト制の勤務になるため夜勤もあります。

動物看護師は国家資格ではないため、専門的な仕事であるものの、待遇面が恵まれていない職場も多く存在します。

動物病院は土日に診療を行うことが多いため、そこで働く動物看護師の休日は平日になる場合が多く、動物看護師の休日は、動物好きな人が多いことから休日でも動物と触れ合ったりペットと過ごしたりするようです。