ドッグトレーナーの求人状況・就職先選びのポイント

ドッグトレーナーの就職先にはどんなところがある?

ドッグトレーナーの就職先には犬のしつけ教室、ペットショップ、ペットホテルなどさまざまな選択肢があります。

たとえば犬のしつけ教室は、「ドッグスクール」「犬の幼稚園」「犬の保育園」などとも呼ばれますが、飼い犬に対して基本的なしつけから、無駄吠えや噛みグセなどの問題行動を改善し、マナーを教える場所です。

しつけ教室の方針で、グループレッスンやマンツーマンレッスン、出張レッスンを行うなど指導方法も幅広く、ドッグトレーナーとしてスキルを1番活用できる場といえます。

一方ペットショップでは、来店したお客様に接客や販売をすることがメインになりますが、しつけ代行やトレーニングサービスを行っている店舗もあり、スキルを活用することが可能です。

ペットホテルでは飼い主が旅行などで不在にする際に、犬を預かるサービスを提供していますが、中にはただ世話をするだけでなく、ショートステイに合わせて数日間しつけのトレーニングサービスを提供しているホテルもあります。

その場合にドッグトレーナーの技術を、惜しみなく発揮することができるでしょう。

そのほかしつけサービスを提供しているトリミングサロン、動物病院なども代表的な職場となります。

ドッグトレーナーの仕事は知識や経験を積んだら独立して働く人も多く、自らしつけ教室を経営したり、お客さまの自宅へ出向いてしつけを行うといった例も多いです。

中にはスクールや専門学校を卒業後、すぐにフリーランスで活躍している人もいます。

ドッグトレーナーの就職先・活躍の場

ドッグトレーナーの求人の状況

ドッグトレーナーの求人数は、あまり多くないのが現状です。

代表的な就職先としてあげられるのは、先ほどご紹介したペットショップ、トリミングサロン、ペットのしつけ教室、NPO法人などさまざまですが、犬の訓練をしている企業の数自体がさほど多くないため、正社員の求人量も少なめになります。

アルバイト・パートや臨時職員の募集は目立つため、まずは現場に入って経験を積み、そのスキルを武器にして正社員を目指す方法を取ることも考えた方がいいかもしれません。

実際、正社員を狙って就職活動になると「実務の経験3年以上」など年数を問われることがありますが、アルバイトやパートでドッグトレーナーとしての経験を積み、その期間中にドッグトレーナーの資格を取って就職活動をする人も多いようです。

ただし資格以上に経験や能力が重視される職業であることから、資格を取れば必ず就職できるとは考えないほうがいいでしょう。

どうにかして現場に入り込む道を探り、そこからステップアップしていく努力が必要になります。

ドッグトレーナーの就職先の選び方

どんな仕事をしたいのかをイメージする

ドッグトレーナーの就職先は多岐にわたり、就職する施設や企業によってトレーニング方法や犬との関わり方も変わってきます。

そのため、まずは自分がどんな風に犬と関わりたいか、トレーニングを行いたいのかを考えて、求人情報を探していくとよいでしょう。

たとえば「しつけ教室」では、ペットのトレーニングに重きを置いているので、しつけ中心の業務に携わることができます。

一方「ペットショップ」ではしつけ教室でトレーニングを行うことができますが、メインは販売などが中心となるでしょう。

ただし大企業のペットショップでは、福利厚生などの条件が整えっている場合が多いので、安定した働き方をしたい方にはおすすめです。

求人情報をチェックするポイント

求人情報を見る際は、給与だけでなく「仕事内容」や「勤務時間」にも注目するのがポイントです。

「仕事内容」では、ドッグトレーナーとしてどのような仕事ができるのかを確認することができます。

「出張トレーニング」「グループレッスン」「個別レッスン」「預かりトレーニング」など、その施設で行われているトレーニング方法や方針を読み取ることができるので、ぜひチェックしておきましょう。

1匹1匹と向き合ってしっかり個別のトレーニングをしたかったのに、グループレッスンしかさせてもらえなかったなどのミスマッチを防ぐことができます。

さらに「飼い主への指導」「散歩」「送迎」など細かい業務内容が書いてあることもあるので、実際に働いてからの業務をイメージすることが可能です。

またドッグトレーナーは体力勝負な仕事でもあるので、「勤務時間」はしっかり確認しておきましょう。

実際に働く時間はシフト制か、固定の時間勤務なのかも大切なポイントですし、ペットホテルを併設していたり、預かる施設では、週に何度か夜勤があることもあります。

休みも「週休2日」「月6~9日」など企業によって大きく異なるので、応募前にきちんと確認しておくことがおすすめです。

ドッグトレーナーの志望動機・面接

ドッグトレーナーを目指す多くの方が「犬が好き」という志望動機を考えますが、これだけでは少々弱くなってしまいます。

犬が好きな上で「ドッグトレーナーとして何をしたいのか」「どんなドッグトレーナーを目指していきたいのか」など、なぜ犬と深く触れ合う仕事をしたいのかをきちんと伝えられるような志望動機にしましょう。

多くの方はしつけを通じて犬が変わったという「自分の経験」や、困っている飼い主や犬を救いたい「社会貢献」にフォーカスした志望動機をまとめています。

面接では志望動機と合わせて、「なぜこの会社・しつけ教室なのか」「将来どのようなドッグトレーナーになりたいのか」などより具体的な質問を投げかけられることが多いようです。

ドッグトレーナーは犬だけではなく、飼い主とのコミュニケーションが何より必要な仕事です。

人柄がよく明るい印象が好まれるので、自己PRをするときは、笑顔でスムーズに応えられるように練習しておきましょう。

ドッグトレーナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

ドッグトレーナーの就職先を探す方法として代表的なものは、求人サイトの利用です。

たとえば大手ペットショップの「コジマ」などは、大手求人サイトに求人情報を掲載しています。

総合サイトのほかにも、ペット業界専門求人サイトなどもあるので積極的に活用してみましょう。

ペット専門サイトの方が、仕事内容や勤務時間などより具体的に表示していることが多いので、わかりやすいかもしれません。

個人経営しているペットショップやサロンでは、求人サイトではなく個別の公式サイトで求人募集をしている場合があるので、個別に探してみるのもおすすめです。

サイト以外にも専門学校やスクールに通っている場合は、学校にさまざまなショップや企業から届けられる求人情報も活用しましょう。

一般公開されていない求人も多いため、こまめに確認するといい情報をつかめるチャンスも上がります。

就職サポートしてくれる学校ではアドバイザーが相談にものってくれるので、気軽に相談してみましょう。