独学でドッグトレーナーになれる?

ドッグトレーナーを独学で目指す人はいる?

ドッグトレーナーは、専門的な学校やスクールに通わなければなれない職業ではないため、独学で目指す人はたくさんいます。

もちろん、犬について勉強することは不可欠ですし、トレーニング方法も素人にはわからない部分が多いですから、学校やスクールで体系的に勉強することはドッグトレーナーとしてデビューする上で近道になるでしょう。

しかし、ドッグトレーナーに絶対とされる資格はなく、特別な学校を出ていなければ働けないというわけでもありません。

専門書を使って犬の知識を深めたり、必要に応じて通信講座を利用して資格取得を目指すことができます。

全国で行われている競技大会やドッグショーなどに足を運んだり、動画を見ることもよいでしょう。

勉強時間は、人によっては1~2年かかるといわれていますが、ドッグトレーナーの仕事につけた場合、現場でスキルを磨いていくことも可能です。

独学のメリット

独学のメリットは、大きくまとめると以下の2つです。

・学習にかかる費用が安い
・自分のペースで勉強できる

専門学校に通った場合、年間100万円前後の学費が必要で、それ以外にも諸経費などが卒業までの2~3年分必要です。

しかし独学なら、必要最低限のコストで学習をすることができます。

また自分のペースで好きな時間に学習することも、大きなメリットです。

トリマーや販売士などのペット業界経験者の中には、仕事を通じてしつけの重要性を感じ、ドッグトレーナーを目指す人も多いようです。

しかし働きながら専門学校やスクールに通うのは、時間の融通がきかずに難しい一面もあるでしょう。

独学や通信講座なら、自分の好きな時間に計画的に学習することができるので、忙しい人でもドッグトレーナーを目指すことができます。

独学のデメリット

独学のデメリットを大きくまとめると、以下の3つです。

・教えてくれる人がいない
・肝心の実技が身につきにくい
・就職サポートがない

専門学校やスクールではプロの先生から指導してもらうことができますが、独学では自分で学ばなければいけません。

教材探しから始め、どの勉強をどこまでしたらいいかなども自分次第で決めるので、経験者に教わるよりも非効率ともいえます。

肝心のトレーニングの実技も、学校に比べるとたくさんの犬と触れ合う機会は少なくなってしまうでしょう。

多くの学校では就職サポートを用意していますが、独学では自分一人で仕事を見つける必要があります。

このように独学のデメリットはありますが、ドッグトレーナーは仕事をしながら自分なりのトレーニング方法を見出していく職業のため、デビューするまでよりもそこから先に仕事をしていく時間の方がずっと長く、重要なものになるといっても過言ではありません。

独学でも本当のやる気さえあれば、自分らしさを追求し、ドッグトレーナーとして活躍していくことは十分に可能だといえるでしょう。