ディスパッチャーの就職先・勤務地・転勤はある?

ディスパッチャーの就職先

ディスパッチャーは、全国にある航空会社や、運行管理を専門に行う航空会社の関連会社スタッフとして働いています。

正社員として働く人もいれば、契約社員として働く人もいます。

一般的に、国内の航空会社に勤務するディスパッチャーは「総合職(地上系事務職)」として一括採用されたのち、運行管理業務に携わるようになり、キャリアを積んでいます。

ディスパッチャーになるには、国家資格の取得だけでなく、社内試験をパスするなど、会社から適性が認められなくてはなりません。

運行管理業務に配属される人はわずかであるため、希望がある場合は積極的にアピールしていかなくてはならないでしょう。

そのほか、運航管理関連業務の専門企業に就職し、専門の技術を磨いていくというルートも考えられます。

中途採用の場合は、「ディスパッチャー(運航管理者)」という職種に限定して採用活動を行われ、欠員が出たタイミングなどで募集をかけるため、即戦力を求めているケースが大半です。

ディスパッチャーの勤務地

ディスパッチャーの勤務地は、全国の空港です。

旅客や貨物を輸送する各航空会社には、必ずディスパッチャーを配置することが法律で義務付けられています。

そのためディスパッチャーは航空機の発着に合わせ、全国の空港で勤務することになります。

ただし、ローカルエアラインに勤める場合は、その地域の空港のみで勤務することも少なくありません。

自身がどの空港で働くことになるかは、勤務する会社の種類や規模等によって異なるといえるでしょう。

ディスパッチャーの転勤・異動

一概にはいえませんが、全国に拠点を持つ会社の場合は、ディスパッチャーも全国転勤を命じられることがありますし、航空会社によっては海外の空港で勤務となる可能性も珍しくありません。

なかには地域・職域限定社員として転勤のない採用を行っている企業もありますが、その分基本給が安くなったり、キャリアアップがしにくかったりといったデメリットもあります。

自分がどのような働き方をしたいのかは、あらかじめよく考えておくべきでしょう。

一般的に、大手に勤めるほど転勤エリアが広く、転勤の頻度も高くなる傾向にあります。

ただし、これは企業によっても異なるため、就職前によく確認しておく必要があるでしょう。

また、ディスパッチャーの仕事は、誰でもすぐにできるものではありません。

一人前になるには現場での経験を重ね、「航空無線通信士」や「運航管理者技能検定」といった国家資格の取得が必要となるなど、数年かけてキャリアを重ねていかなくてはならないのです。

そのため、もし運行管理系の部署に配属となった場合、基本的には運行管理の仕事を専門とする場合が多く、本人の強い希望等がない限り、他部署への異動はあまりありません。

反面、ディスパッチャーの仕事に適性がないと判断されれば、別な部署に異動になる可能性もあることは否めません。