電機メーカー社員に特有の職種

電機メーカーは大手企業、中小企業に関わらず複数の部門から成り立っており、そこで働く社員たちはそれぞれ役割を持ってチームプレーで働いています。

その職種を大きく分けると「技術系」と「事務系」の2種類があり、新卒採用もこの区分で行われることが一般的ですが、社員構成で見ると技術系社員のほうが多めとなっていることが電機メーカーの特徴です。

ここでは、それぞれの職種にどのような仕事があるのか紹介していきます。

技術系職種

技術系職種としては、研究開発やエンジニアの仕事があります。研究は、新製品を開発するための基礎研究をはじめ、有効な素材・成分の探索や開発、あるいは環境技術の研究・開発などを行っていきます。

エンジニアはプログラミング言語を用いたソフトウェア開発設計、回路設計などを行います。

いずれもメーカーの「ものづくり」の根幹を担う職種であり、それぞれの仕事内容で高度な専門性を要し、技術力も必要とされます。

このほか、専門職として品質管理、生産企画、物流管理、生産ライン設計といった仕事もあります。

これらの職種の人たちは、本社以外の研究所や工場で働くことが多くなっています。

事務系職種

事務系職種としては、電機メーカーの製品を世の中に届ける営業のほか、新製品を企画する仕事、マーケティングをして世の中のニーズを捉える仕事、あるいは資材や部品の調達、海外事業担当などが挙げられます。

とくに営業については事務系職種のなかでも採用人数が多く、家電量販店などの販売店や卸の商社に製品を説明したり、お客さまとの価格交渉や条件提案などを直接行いながら製品を売ります。

このほか、労働環境を整えたり、社員の給与を計算したりと、会社を裏方として支える役目を担うのが、総務、人事、経理・財務、広報法務といった部門の人たちです。

これらの職種の人たちは、おもに本社あるいは各営業所などで活躍することになるでし