電気工事施工管理技士の1級と2級の違い

どちらも仕事内容は同じ

電気工事施工管理技士は、さまざまな建築物における電気工事の際の施工計画の立案、予算管理、工程管理、資材調達、安全管理、品質管理といった施工管理全般に携わります。

電気工事施工管理技士の資格を持っていると、技術者を束ねる立場として活躍することができ、いわゆる現場監督のようなポジションで働くことになるという点に関しては、1級も2級も同じです。

役割の違い

電気工事施工管理技士の1級と2級の最も大きな違いとして、責任者として関わることができる工事の種類などが挙げられます。

2級では一般建設業の営業所において「専任技術者」になることができます。

また、現場ごとに置かれる「主任技術者」の役割を務めることもできます。

一方、1級では一般建設業および特定建設業の営業所において「専任技術者」となることができます。

また、現場ごとに置かれる「監理技術者」の役割を務めることもできます。

2級が小規模の工事だけを担当できるのに対し、1級では大規模な工事の現場監督としても活躍することができます。

受験資格の違い

電気工事施工管理技士試験には、学歴と実務経験で組み合わされれる受験資格があり、その内容も1級と2級では異なっています。

同じ最終学歴であれば、1級のほうがより多くの実務経験を求められることが特徴で、より受験のためのハードルが高くなっています。

また、2級は学科試験と実地試験が同日に行われるのに対し、1級は学科に合格した人のみが後日、実地を受けられるようになっています。

評価の違い

電気工事現場において携わることができる仕事の範囲が広くなる分、現場での技術者としての評価は1級を持つ人のほうが高くなっています。

2級よりも1級のほうが資格手当の金額が増えたり、給与アップにつながることもあります。

また、転職時には1級を持つ人が優先的に採用されることがあります。