データサイエンティストの勤務時間・休日

データサイエンティストの勤務時間

データサイエンティストの勤務時間は会社によって異なりますが、大手企業の場合は9:00~18:00前後を定時としている職場が多いようです。

常にお客さまを相手にする仕事でもないため、より柔軟な働き方ができる「フレックスタイム」を採用している企業も多く見られます。

なお、データサイエンティストは日勤が基本であり、夜勤で働くことはほとんどありません。

正社員であれば、シフト制での変則勤務になることも通常はないでしょう。

データサイエンティストの休日

データサイエンティストは週休2日制が基本であり、平日週5日働き、土・日・祝日は休日となるケースが多いです。

年間休日数が120日を超える会社もたくさんあります。

また、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始などの際には、1週間程度の長期連休が取れる会社が多いです。

とくに大企業であればそのような休日形態になりやすいでしょう。

休日出勤もあまり発生しにくい職業で、土・日・祝日はしっかりと休めることが多いです。

データサイエンティストの残業時間

データサイエンティストの残業時間は勤める会社によって変わってくるため、一概にはいえない部分があります。

ほとんど毎日定時上がりの会社、1日あたり1~2時間の残業で済む会社もあれば、夜遅くまで長時間残業が発生する会社もあります。

とくに「データサイエンティストの数が足りていない会社」「データサイエンティストの役割が十分に理解されていない職場」などに勤めると、残業は多くなりやすいでしょう。

データサイエンティストは忙しい?激務?

「人手が足りているか」で忙しさは変わる

ビックデータを分析する仕事のニーズが増し、データサイエンティストの需要は高まっていますが、肝心の人材が足りていない傾向にあります。

なかには多数のデータ分析案件を抱えているのにも関わらず、対応できるデータサイエンティストが社内に数えるほどしかいない企業もあるようです。

そのような企業であれば、一人のデータサイエンティストが背負う負荷は大きくなり、多忙な日々を送ることになりやすいです。

もちろん、近年はデータサイエンティストを積極的に採用している企業もあり、すでに社内に何十人ものデータサイエンティストを抱え、十分な体制のチームが作られている企業もあります。

そういった体制の整っている企業であれば、チーム内でタスクを分散できるため、激務になることはほとんどないでしょう。

職場の仕事に対する理解度も影響する

データサイエンティストの仕事は、短期間で目に見える結果が出るものではなく、長い時間を要します。

会社側がそういった点を理解してくれているかどうかも、仕事の忙しさに影響してきます。

職場でデータサイエンティストの仕事があまり理解されていないと、たとえば短期間の厳しいスケジュールで成果を要求されたり、さらにはデータサイエンティストとはまったく関係ない仕事を振られることも出てきます。

そうなると必然的にデータサイエンティストの負荷は高まり、時には長時間残業が必要になる場面も出てくるでしょう。

データサイエンティストの休日の過ごし方

データサイエンティストは、統計学に始まり、IT、ビジネス、マーケティングなどさまざまな分野の知識を学ぶ必要があります。

とくにITの分野は常に新たな技術が生まれてくるため、日々知識のアップデートも必要です。

そのため、休日には自宅で自主的に学習をしたり、勉強会などに参加するデータサイエンティストが多いようです。

もちろん、休日に常に勉強をしているわけではありません。

趣味を楽しんだり家族との時間を楽しんだりとプライベ―トを満喫した上で、勉強もバランスよく進める人が多いようです。

データサイエンティストの1日のスケジュール・生活スタイル