コンサルタントの勤務時間・休日

コンサルタントの勤務時間

コンサルタントの仕事は、すべてにおいて「クライアントのスケジュール」が最優先です。

自分がそのときに担当している企業や団体ごとでクライアントの勤務時間は大きく異なるため、それに合わせてコンサルタント自身も流動的に働くことが求められます。

たとえば一般的な企業や官公庁がクライアントの場合であれば、世間のサラリーマンと同じように朝9:00頃〜夜20:00頃まで働き、土日祝が休みとなることが多いでしょう。

しかし、外資系の企業と取引している場合であれば、現地の時間に合わせて深夜や土日にオンラインでのミーティングをおこなうことも珍しくありません。

このように、コンサルタントとして働く以上、規則正しい勤務スケジュールはなかなか手に入らないのが現状です。

コンサルタントの休日

コンサルタント企業でも、一般的な企業と同様に「土日祝休み」としている場合が多いです。

ただし先ほど説明したとおり、そのときに担当するクライアント企業の勤務時間によっては土日に出勤しなければいけないケースもあります。

たとえば販売・サービス系の企業を担当する場合であれば、基本的には土日や祝日も店舗を開店しているため、それに合わせてコンサルティングをおこなうケースもあるでしょう。

また、夏季に5日程度の夏休みがあったり、年末年始休暇があったりと、これらの各種休暇制度についても一般的な企業とさほど大きな違いはありません。

近年は女性のコンサルタントも増えてきていることから、育児休暇を充実させたり、短時間勤務制度を取り入れるコンサルタント企業も出てきています。

コンサルタントの残業

コンサルタントは一般的に「忙しい仕事」とイメージされているため、残業も多い職業だと考える人が多いでしょう。

実際にどの程度残業があるのかについては、そのときに担当しているプロジェクト次第で大きく変わってきます。

担当するプロジェクトの山場を迎える時期であれば、連日のように深夜残業が続いてしまうこともあるでしょう。

逆に繁忙期を過ぎれば定時どおりで帰れる日も多くなり、メリハリのある働き方ができる仕事といえます。

コンサルタントは忙しい?激務?

自分が担当するプロジェクトの内容や時期によっては、激務な日々が続いてしまうことも珍しくないのがコンサルタントの仕事です。

なかには、クライアントの都合で非常に短期間での結果を求められるプロジェクトもあり、その場合は休日を返上して仕事を進めなければいけないこともあります。

このように、コンサルタントの仕事はひとつの案件が終わるまではとにかく多忙になることが多いので、区切りがついた時点でまとめて休暇を取れるという企業もあります。

一年をとおして忙しい時期とそうでない時期には波があるものの、「残業はなるべくしたくない」「土日は確実に休みたい」と考える人には厳しい業界かもしれません。

コンサルタントの休日の過ごし方

コンサルタントの仕事は日常的な忙しさからストレスも溜まりやすいため、休日は軽く運動をしたり趣味に没頭するなどして、思いっきりリフレッシュする人が多いようです。

ただし、プロジェクトの納期が迫っている場合は、休日であっても自宅でプレゼンテーション資料を作成することもあれば、会社に出勤して分析や調査を進めることもあります。

なお、コンサルタント企業の休日スケジュールについては、労働組合があるような国内のコンサルタント企業と外資系のコンサルタント企業では事情が大きく異なります。

この点についても、就職先を選ぶ際にはよく確認しておくことが大切です。

コンサルタントの1日のスケジュール・生活スタイル