社会福祉学部卒業生の体験談・就職先まとめ

(読了時間:6分37秒)
北星学園大学 社会福祉学部 福祉臨床学科卒業生の体験談・口コミ

福祉臨床学科を目指した理由

入学当時は高齢化社会に伴い福祉施設や医療ソーシャルワーカーなどの分野が今後需要が増え成長分野になると思ったことと、人の役に立つ仕事に就きたいと思い目指しました。

その中でも北海道ないし札幌の中では以前からその分野当該大学のOB・OGが活躍しており、実績もあった事から将来的にそこで学べば活躍できるのではないかと思い選択しました。

福祉臨床学科で学んだこと・役に立っていること

ほとんどの授業はソーシャルワーカーを養成するための授業に特化しています。

他の学部では当然学ぶことのできない専門的な内容であったため、福祉施設で現在勤務しておりますが、就職してから現在に至るまで学校で学んだこと、考え方がベースとなり役立っております。

福祉臨床学科の雰囲気

男女比率に関しては男:女=3:7で、学科全体では学生数は100名にも満たない人数で例年倍率も決して低くはないので、比較的勉強に力を入れた学生が多く、どちらかというとおとなしい雰囲気の学科です。

また授業の演習などで学生同士でのグループワーキングなどの多くあるので、お互いに和気あいあいとした雰囲気でもあります。

福祉臨床学科の楽しかったところ

社会福祉学部の中でも3つの学科に分かれ、福祉臨床学科はソーシャルワーカーを目指す学科でした。

最終的にはそこを目指す学生が集まる集団であったので、授業などでも目指すべきところは同じです。

グループワーキングなのでも意識が高いところでお互いに意見交換ができたことは楽しかったです。

福祉臨床学科のつらかった・大変だったところ

1,2年生のことはとにかく必修の授業が多く、自由度が低く、アルバイトなどの時間があまりとれず属に言うキャンパスライフを十分に楽しめなかったという印象です。

また3年になると現場実習もありましたので、他の学部に比べると学ぶべきことが多くまた資格を取るための必修授業が多くその点は大変でした。

福祉臨床学科の卒業後の就職先・進路

ほとんどの学生は病院の医療ソーシャルワーカーか福祉施設の生活相談員になるかのどちらかでした。

私は高齢者のデイサービスの生活相談員の職に就きました。

ただ必ずしも福祉系とは限らず例年1~2割程度の学生は公務員や一般企業に就職をしておりました。

卒業後の所感・メッセージ

医療・福祉系に就職を必ずしたいと思っている学生には入学して間違いのない学科だと思います。

ただ授業も専門的な分野に偏っているので、途中で福祉系は向いていないなと感じていた学生は途中で学部変更をしたり、授業についていけなくなる人も多々いました。

どういう目的でこの学科に入るのかしっかりとした動機をもって選んで欲しいなと思います。

日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科卒業生の体験談・口コミ

社会福祉学科を目指した理由

高校生の時に、少子高齢化が進んでいるという話が話題になり、将来は福祉関係の仕事をしたいと思ったのがきっかけです。

当時、通っていた高校の教師に相談したところ、社会福祉士という資格があり、国家資格で難しい資格だが取れれば福祉関係でさまざまな道を選べるということで社会福祉士になる事を目標にしました。

そこでネットや本で調べたところ、日本福祉大学は社会福祉士の合格率が全国の大学で1位のため、目指すことにしました。

また将来、具体的になりたい職種は決まっていなかったため、職種を探しながら勉強したいと思い、福祉全般を学べる社会福祉学部、社会福祉学科を目指しました。

社会福祉学科で学んだこと・役に立っていること

子供、高齢者、障害者の基本的な知識はもちろんと事、福祉関係の法律、精神医学等も学ぶ事ができました。

特に福祉の仕事をしていくうえで精神医学は、当事者の心理状態や介護する側の心への影響など深い部分まで勉強するので、今の仕事に役立っています。

社会福祉学科の雰囲気

福祉関係の学部なので体育会系の生徒は少ないです。

また障害者の方もいます。

そのためか、何か困っていると知らない人でもすぐに助けてくれる優しい性格の学生がたくさんいます。

雰囲気としてはアットホームな学部です。

男女比は、ほぼ1:1です。

社会福祉学科の楽しかったところ

この学部では1年生の時からゼミがあるで、ゼミ合宿など早いうちから体験できるのが非常に楽しいです。

そのためすぐに友達もでき、学校生活そのものが豊かになっていきます。

また授業も椅子に座っての講義ばかりでなく、スポーツ以外の授業で実際に体を動かしたりする講義もあるので、楽しいです。

社会福祉学科のつらかった・大変だったところ

福祉関係全般を学ぶので覚える事が想像以上にあります。

特に精神医学や法律関係の講義は難しい言葉だらけなので、眠くなることも多々あります。

そのうえテストもレポートではなく筆記がほとんどなので、テスト勉強もしっかりとしないと単位を落としてしまう可能性があるので大変でした。

社会福祉学科の卒業後の就職先・進路

特別養護老人ホーム、障害者福祉施設、病院、児童相談所など福祉専門の施設に就職した方がほとんどです。

また子ども発達学部もあるのでですが、社会福祉学部の学生も保育園や学校など子どもに関する職場へ就職した方もいます。

他にも一般の企業や公務員になって市役所に就職した方もいます。

卒業後の所感・メッセージ

福祉全般を学べるので、就職先の窓口がたくさんあるのが良かったです。

また、将来は福祉関係の仕事につきたいけど、具体的にどんな職種に就きたいか決まっていない方は社会福祉学部をオススメします。

社会福祉士の資格を取るのはかなり難しい事ですが、この学部では資格の事もたくさん教えてくれるので、気になった方は是非目指してみてください。

都内私立大学 福祉学部 福祉学科卒業生の体験談・口コミ

福祉学科を目指した理由

自分は地方出身で大学受験1年目地方の国立大学を受験したが、落ちてしまいました。

つまり、1年間浪人生を経験することとなりました。

ですが、志望校を選ぶ時間がたっぷりと取れたました。

理由としては2つであります。

一つ目は東京で一人暮らしがしたかったこと。

二つ目は、その上で、福祉学部なら将来人の役に立つ仕事ができるんじゃないか?という理由です。

福祉学科で学んだこと・役に立っていること

今でも役に立っていることは、山ほどあります。

1つは国家資格を取得できた他、福祉、心理に関わる資格を取ることができました。

また、普段は関わることができない、障害を持った方達とボランティアなどで関わる機会を得ることができました。

自分は福祉職ではなく、一般企業就職をしたが、今振り返っても得難い経験が多かったように思います。

福祉学科の雰囲気

福祉学部、福祉学科は他の幅広く学ぶことができる学部と比べて、学ぶ範囲が初めから定まっています。

概ね「福祉」「心理」「地域づくり」のどれかであり、そして、同じ目的の学生が周りにもいます。

とても学びやすい環境だったように思います。

福祉学科の楽しかったところ

他の学部では考えにくいことですが、学部の半分以上の学生がボランティアサークルに所属をします。

スポーツやイベント系のサークルと兼務する者もいますが、それでも、ボランティアサークルは賑わっています。

大学時代の思い出や、今でも合う仲間はほぼこのころのボランティアサークルのメンバーです。

福祉学科のつらかった・大変だったところ

大変だったというのは、出席や試験がとても甘く、実習以外の単位は比較的簡単に取れてしまうことでした。

そのため授業に出なくなります。

学校にテストの時しか行かないということが成り立ってしまったので、学校に行く気力を生み出すのが大変でした。

福祉学科の卒業後の就職先・進路

4割程は一般企業に就職、4割程が福祉関連の施設や、地方公務員、社会福祉協議会などに就職、2割ほど(特に心理系を学ぶもの)が大学院に進みます。

自分は一般企業(ハウスメーカーの営業マン)に就職しました。

卒業後の所感・メッセージ

この学部を選ぶ者は2つに分かれると思います。

障害を持つ家族や親戚がいた経験があったり、心理的に苦しかった方などが学びたいことを明確に持ってやってくるケース。

もう一つは、僕のように、「どうせ学ぶなら、将来、人の役に立てるよ―なことがいいなぁ」程度の意識のものです。

特にやりたいことがなく、他学部に行くのなら、4年間目的をもって学ぶのもよい経験になります。