早慶系大学 商学部 商学科の口コミ

(読了時間:1分39秒)

商学科を目指した理由

もともと経済学部商学部で迷っており、商学部のほうが経営やマーケティングに関する授業が多いとのことで、商学部を選びました。

学科は1つしかなく、選ぶことは特にできないのですが、それとなく経営と会計を専攻しています。

商学科で学んだこと・役に立っていること

商学部で、会計学をしっかりと勉強することができたことが、その後就職活動でも非常に役に立ちました。

たしかに他の学部にいても簿記などは自力でとることができるのですが、やはり専門の先生に教えていただくと基本的な考え方から理解できるので良かったと思います。

商学科の雰囲気

基本的にはとても真面目な生徒が多いです。

男女比率はだいたい5:1程度で、女子は非常に少ないと思います。

普段ちゃらんぽらんな人も、テスト前にはしっかりと勉強に取り組んでいるので、しっかりしている人が多いなあと思います。

商学科の楽しかったところ

商学部の楽しかったところは、英語で経営学やマーケティング、会計学などを学ぶことができたところです。

他の学部ではあまり英語での授業は行われていなかったのですが、商学部では盛んに英語の授業が行われています。

商学科のつらかった・大変だったところ

商学部のつらかったところは、微積分や統計学など、数学の科目が必須であったところです。

受験で英語、数学、地歴を選択した人と、英語、数学、小論文を選択した人がいるのですが、後者の場合はついていくことが非常に大変そうでした。

商学科の卒業後の就職先・進路

商学部の卒業生は金融系に進む人が多かったように思います。

しかし、特段それにこだわらず、他の進路に進む方も多いです。

また、公認会計士を目指している人も少なからず多くいるので、会計大学院に進んだり、資格留年する人もいます。

卒業後の所感・メッセージ

商学部は、確かにバカ商などと揶揄されやすいですが、それは受験生からの視点であって、入ってしまうと個人的には卒業もしやすく社会的地位は経済学部と変わらないので非常にコストパフォーマンスがいい学部と思います。

経済学部ですと、経済学の授業ばかりなのである程度数学ができないといけないのですが、商は理論が多いので、あまり数学ができなくても大丈夫です。