地方私立女子大学 心理学部 心理学科の口コミ

(読了時間:2分11秒)

心理学科を目指した理由

私が中高生の頃くらいから「カウンセラー」という職業が注目され始めました。

当時、学校での人間関係や将来のことなど、不安に思うことが多く、誰かに話を聞いて欲しいと思うことが多々ありました。

心理学を学べば人の心を理解できて、カウンセラーという職業に就けると考えて、心理学部を目指すことにしました。

心理学科で学んだこと・役に立っていること

理学部で勉強して今役に立っていることは、まずは病気への理解です。

心理学は医学ではないので少し違いますが、精神疾患に関する授業があり、誰でもなってしまう可能性があると知れたのは良かったです。

また、自分に対する理解が深まったことも役立っています。

心理学科の雰囲気

心理学部は他の学部と比べて明るい性格の学生と勉強熱心な学生が多かったように思います。

明るいタイプの人は、主に「人間」に興味がある人が多く、フレンドリーな感じでした。

勉強熱心なタイプの人はカウンセラーや臨床心理士に本気でなりたい人たちが多かったです。

心理学科の楽しかったところ

心理学部で楽しかったことは、社会心理学の授業です。

たとえば恋愛のことや友達のことなど身近なものがテーマなので興味深く講義を受けました。

よくある「吊り橋理論」とかそういう感じの学生にも興味を持ちやすい内容で楽しかったです。

心理学科のつらかった・大変だったところ

心理学部で大変だったことは、論文を読むことです。

卒論として論文を書きますが、まずは先行研究の論文を読まなくてはいけません。

普通の文章とは違い、専門用語も出てくるので慣れるまでは大変でした。

慣れると、すごく面白い読み物になるのでそこは良かったです。

心理学科の卒業後の就職先・進路

進路は主に就職組と大学院進学組でした。

臨床心理士になりたい人は大学院に行かなければいけないので、もの凄く勉強をしていました。

就職組は、一般企業や教職などさまざまでした。

心理学部の中でも学科が分れるので取れる資格によって進路が変わってくる印象です。

卒業後の所感・メッセージ

心理学は人の心を学問する科目です。

そういう意味では、大学で勉強したことは生きていくこと全てに関わってくるとも言えます。

私は一般企業に就職しましたが、「こういう言い方をすれば人は納得しやすい」とか「こういう言い方をすると感じが悪く聞こえる」みたいなことを考えて仕事をしています。

こういうことを知っているお蔭で随分人間関係が円滑になりました。

心理学部で学んだことを活かしていると言えるのではないかと思います。

興味深い学問ですし、たとえ心理職に就かなくても、日々の生活の中で自分の心や他人の心に関わらない日はありません。

そういう意味では生活する上でかなり役立つ学問だと言えるかもしれません。

私は心理学部で勉強できて良かったと思っています。なにより、ご自分が好きなことを勉強するのが一番だと思います。