地方私立大学 心理学部 心理学科の口コミ

(読了時間:1分45秒)

心理学科を目指した理由

私の学部は精神障害の方を主な対象とした臨床心理学を学ぶ場でした。

対人心理学の知識やスキルは汎用性が非常に高く、一般企業の営業等、普段のコミュニケーションの場でも活かしていくことができると考えて選びました。

心理学科で学んだこと・役に立っていること

基本的な対人心理学のスキルとして、傾聴姿勢は身についたと考えています。

主にカウンセリングの領域で重視される能力ですが、営業活動においてお客様の顕在的、潜在的ニーズを引き出す必要がある時には大いに活かせるものです。

心理学科の雰囲気

学部の学生の性格としては、大人しい人が多かった印象です。

元々カウンセラーや精神保健福祉士として患者を支えていきたいと考えている福祉志向の強い人が多く、合理的思考よりも感情的思考で考えている人が多いと思います。

男女比に関しては女性の方が多く、グループで動いている人が主でした。

心理学科の楽しかったところ

心理学といっても多くの分野がありますが、学んだ知識やスキルをすぐに日常生活に活かすことができたのは面白いところだと思います。

日頃目にするの人間の行動が、どのような思考プロセスを元にしているのかを知ることができるので、人間そのものについての興味も増すと思います。

心理学科のつらかった・大変だったところ

大人しめの人が多かったので、陽気なタイプの私と合わない人もいました。

また、専門的な志向の方が多かったので、私のように一般企業に勤める予定の人とはどうしても意識の差が出てきます。

専門的な資格試験なども大半の学部生が受験して、団結力を高めていましたが、私は受験しなかったので多少さびしい思いをしました。

勉強は楽です。

心理学科の卒業後の就職先・進路

私は卒業後、一般企業の営業職に就きましたが、大学院に進む人や専門的な分野(スクールカウンセラーや病院の精神保健福祉士)に進む人も多かったです。

しかし、大学院を卒業しても専門的な分野で常勤として雇ってもらえる人は少なく、非常勤扱いで働いている人が多いようです。

卒業後の所感・メッセージ

もし将来像がハッキリ決まっていないなら、心理学部を選択するのもアリだと思います。

しかし心理学といっても汎用的なもののか、専門的なものなのかで大きく進路が異なるので、「何が学べるのか」「何の職に就けるのか」をイメージした上で進学することを勧めます。