歯科衛生士専門学校 歯科衛生学科の口コミ

(読了時間:1分41秒)

歯科衛生士専門学校を目指した理由

医療系に少し憧れがあったのと、これから生きていくなかで経験することになる就職、転職、産後の仕事復帰などを考えたときに、歯科衛生士の資格があれば、将来どこに行っても年齢関係なく働き口があるのではと思い、歯科衛生士学科を目指しました。

歯科衛生士専門学校で学んだこと・役に立っていること

口のなかを始め、全身の構造や仕組みを実際に体験したり大学病院で実物を見学して学びました。

また学校内外で実習もたくさんあり、さまざまな年齢層の方と接することで、社会に出たときに活かせることがたくさんあると感じます。

ママ友に子供のお口の相談とかもよく受けます。

歯科衛生士専門学校の雰囲気

歯科衛生学科は学年に一人男性がいるかいないかで、ほとんどが女性です。

性格、趣味がバラバラでもお互い共有し合ってわいわいしている心地良い雰囲気で、でもやる時はやる精神はそれぞれちゃんと持っていて、お互い高め合っている感じがあります。

歯科衛生士専門学校で楽しかったところ

老人施設や幼稚園保育園、大学病院への実習は大変ですが、普段自分が生活しているのとは違った空間で、時間の感じ方から違ったりするので、とても勉強になるし楽しかったです。

自分のなかの普通が普通じゃないと知ることができました。

歯科衛生士専門学校でつらかったところ・大変だったところ

年に数回ある実習です。

実習期間は髪の毛はみんな白髪染めさせられてました。

1日実習をし、終わりにディスカッション、帰ってからはレポートに追われる毎日でアルバイトや遊びに出掛けたりもあまりできませんでした。

歯科衛生士専門学校の卒業後の就職先・進路

ほとんどが歯科医院に就職し、数人ですが大学病院の歯科口腔外科にも就職を決めた人もいました。

歯科医院の中でも一般歯科ではなく矯正歯科も人気で、3年間実習てお世話になった医院にそのまま就職、なんてことも少なくありませんでした。

歯科衛生士専門学校卒業後の所感・メッセージ

学習、実習内容自体はとても勉強になるものだったと感じていますが、女同士の世界ならではの先生の怖さみたいなものも少なからず感じて過ごしたので、そこは私の中ではいまいちなポイントだった気がします。

いずれにしても、ちいさくてもしっかり目標を持って日々積み重ねていくことが大切だと思います。