旧帝国大学 歯学部 歯学科の口コミ

(読了時間:1分46秒)

歯学科を目指した理由

人の病気を治す仕事に就きたかったので歯学部を受験しようと思いました。

治療をしたいだけなら医学部でもよかったのですが自分自身の人生を大事にしたい思いもあったので休日がきちんととれそうな歯学部に入学しようと思いました。

歯学科で学んだこと・役に立っていること

今現在の職業は歯学部を卒業しないと国家試験を受験することすらできないので卒業してよかったと思っています。

また大学では基礎医学も学ぶので歯科だけではなく医学についての基礎的な知識も身に付くので全身疾患をもっている患者の診察にも役立っていると思います。

歯学科の雰囲気

学生はほとんどの人が歯科医師になるために入学してくるのでみなが同じ目的をもっていて、勉強するには良い環境だと思いました。

勉強に対する意識は他の学部の生徒よりも高いと思います。

男女比は男性の方が少し多いと思いますが著しく偏ってはいないと思います。

歯学科の楽しかったところ

楽しいと言ってしまうのは不謹慎かもしれないですが人体解剖ができるので普通に生活していたらできない貴重な経験ができたと思います。

また、大学では最先端のさまざまな研究をしている先生がいて興味のある分野のお話を聞くこともでき楽しかったです。

歯学科のつらかった・大変だったところ

大変だったところは勉強面です。

まず進級するのに定期試験をしっかりと勉強しないと留年させられてしまう可能性があるので試験前だけではなく普段からある程度勉強しておかないといけないと思います。

国家試験も受験しないといけないので大学の勉強以外にも国家試験用の勉強もしておかないといけないと思います。

歯学科の卒業後の就職先・進路

大部分の人は卒業前に国家試験に合格して歯科医師になります。

私も含め約半数ぐらいは出身大学の附属病院で研修したと思います。

その後は大学院に進学するひとや一般の開業医で働くひとや総合病院の口腔外科で働くひとなどが多いです。

卒業後の所感・メッセージ

卒業後に感じたことは国家試験に合格するための勉強だけではなくもっと先を見た勉強をしっかりとしておいた方がよいと感じました。

臨床では歯科のことだけでなく特に全身疾患や薬理の知識は大切になりますが国家試験では細かい知識は問われることがありますが臨床に沿った知識はあまり問われないので臨床を見据えた勉強をしておくと後々役に立つと思います。