立命館大学 産業社会学部 現代社会学科の口コミ

(読了時間:1分47秒)

現代社会学科を目指した理由

高校時代、特につきたい職業があるわけでもなく、法学文学のような特定の学問に興味があるわけでもなかったのですが、もっと広く社会のことが知りたいと思っていました。

そのため社会に関わる広い学問分野として社会学を扱っている産業社会学部を志望しました。

現代社会学科で学んだこと・役に立っていること

政治経済、労働福祉の分野に強くなりました。

ニュース番組をより深く理解できるようになり、社会に出てからもいわゆる「大人の会話」に難なくついていけます。

また、自分を取り巻く環境・状況がどういったものかを分析する力がついたので社会情勢に対するしっかりとした自分の意見が持てます。

現代社会学科の雰囲気

男女比率は同じくらいだと感じました。

とても明るく社交的な人が多いです。

そのため大学生活はとても満喫できると思います。

ただ一歩間違えれば集団に流されてなあなあな大学生活になってしまうでしょう。

勉強一筋といった感じではなく広く色んなことを楽しもうといった雰囲気の学生が多いです。

現代社会学科の楽しかったところ

比較的単位が取りやすいと言われている学部です。

そのため正課の授業だけに縛られることなく、サークル活動などがのびのびとできます。

また、講義自体も面白く著名な教授も多いので知的好奇心もある程度満たされ楽しいです。

現代社会学科のつらかった・大変だったところ

現代社会学部では社会理論や社会思想も取り扱うので、講義についていき試験で点数を取ることが大変でした。

哲学的なこともありその講義をとっている時期は精神的にもかなりしんどかったです。

他の学部からは単位が取りやすい学部と思われているため、共感を得られなかったところもつらかったです。

現代社会学科の卒業後の就職先・進路

卒業後の進路先は銀行系・食品系が多かったような気がします。

銀行もメガバンクがほとんどで、皆有名な超大手に就職していきました。

野村證券に早々と内定を貰った友人や公務員に就職した友人もいました。

私自身は大学院に進学しました。

卒業後の所感・メッセージ

産業社会学部はとても人数の多い学部でしたので、卒業してから学部で集まったり帰属意識が高まったりということはありませんでしたが、人数が多いからこそ色んな人に出会えました。

さまざまな文化に触れることができ幅広く学べたのはとても有意義だったと感じます。