法政大学 社会学部 社会学科の口コミ

(読了時間:1分52秒)

社会学科を目指した理由

中学高校時代は、歴史や政治経済といった科目が得意だったので、得意な物を活かそうと考えて志望先を決めました。

入学した大学以外でも受験した学部は、法学部経済学部社会学部などでした。

結局受かった中で一番偏差値が高かったとこに入学しました。

社会学科で学んだこと・役に立っていること

社会学が扱う範疇は多岐に渡るので、一言で言い表すのは難しいです。

あえて言うなら、物事の見方についてや「学ぶ」という行為自体について学ぶことができます。

自分や社会について客観的に見る目が養われたと思います。

ニュースや時事問題に触れる機会が多いので、そちらの分野には強くなれます。

社会学科の雰囲気

社会を扱う学問なので、ニュースやポップカルチャーに精通している学生は多い傾向にあります。

自分の進む道が明確になっていない人が進学してくることも多いので、進路について悩んでいる人もよく見かけました。

男女比は、男性の割合がやや多めです。

社会学科の楽しかったところ

学べる分野の範囲がとにかく広いところです。

社会学が扱う範囲は多岐に渡るため、教授陣の経歴や入学してくる学生は多種多様です。

色々なタイプの人で出会えるので刺激になります。

文系の学問に興味があるけど具体的に何をしたいかわからない、という人にはおすすめの学部です。

社会学科のつらかった・大変だったところ

「社会」という漠然とした広い領域を学ぶので、同じ学部でもほかの人が何をやっているかイマイチわからないことも。

自分で研究テーマを見つける必要に迫られたとき、何をやっていいかわからなくなってしまう学生もいます。

また、社会に出てすぐ使える能力や資格を身に着けられるわけではないので、就職では自己PRに苦労しました。

社会学科の卒業後の就職先・進路

卒業後の進路で多いのは、銀行・金融関係、地方・国家公務員、マスコミ関係などです。

社会学は良くも悪くも就職に直結するような学問ではないので、就職先は多岐に渡ります。

民間企業に行く場合、営業職や事務職に就く人が多かった記憶があります。

卒業後の所感・メッセージ

社会学部は就職に直結する学部ではないので、予算も削減傾向で世間の風当たりも強いです。

そのかわり、自分について社会についてじっくりと考えることができ、広い視野を身に着けることができます。

やりたいことが見つからないという人は、比較的マイペースに自分の道を探ることができる社会学部を検討してみてはいかがでしょうか。