筑波大学 理工学群 応用理工学類の口コミ

(読了時間:1分50秒)

応用理工学類を目指した理由

高校時代は化学に興味があり、なかでも特に触媒化学などの環境に関する材料化学にとても興味を持っていました。

いろいろな大学の化学系学科の研究室を調べてみたところ、触媒化学の研究室でおもしろそうなところがあったので目指しました。

応用理工学類で学んだこと・役に立っていること

触媒化学などの材料科学はもちろん、有機化学や生物化学、電気化学など化学系の分野を幅広く学びました。

自分の興味のある分野以外の学問も単位として取っていく中で、化学に対する知識や認識がとっても広がりました。

また、学科自体は工学と理学の間にあるような学科だったので、分子化学や物理化学など、分子に関するミクロな化学に触れることもありました。

応用理工学類の楽しかったところ

化学実験や物理学実験の授業があるのですが、実験のひとつひとつのテーマは単純なものの、なぜそうなるか?というところをとっても細かく分析してレポートにまとめていくのが、大変でもあり楽しくもありました。

化学好きや研究好きならおそらく好きな授業になると思います。

応用理工学類のつらかった・大変だったところ

化学に興味をもって入ったものの、はじめは物理学や数学の授業も多くて大変でした。

1、2年次は物理学が多めなので、もっと化学をやりたいなぁと思うこともありましたが、後に分子化学や物理化学に触れたときに決して無駄ではなかったと感じるので、つらくても頑張ってついていくとよいです。

応用理工学類の卒業後の就職先・進路

学類(学部)を卒業したら修士まで進む人が多いです。

そのままアカデミックに進む人も入れは、化学系メーカーや電気系メーカー、機械系メーカーに就職することが多いです。

自分の場合は自動車メーカーに就職して、自動車用触媒の開発に携わることができました。

卒業後の所感・メッセージ

学科が「化学科」とか「物理学科」とか限定されておらず、「応用理工学類」と名前の通り学ぶことの幅が広いので、3年次で専攻に分かれる前に自分の進みたい方向性をある程度決めておかないと困るかなと感じます。

逆に言えば、受験時にはっきりと進みたい学科が決まっていなくても、化学や物理学に興味があれば、入った後でもある程度のマージンがあるとも言えます。

どちらにしても、最終的には積極的に自分の進みたい方向性を定めていく必要はありますが。

しっかり意思を持って進みたい方向を決められる化学・物理学好きの人にとっては幅広く学ぶことができるのでとてもおすすめです。