慶應義塾大学 理工学部 数理科学科の口コミ

(読了時間:3分17秒)

数理科学科を目指した理由

数学を基礎からしっかりと学ぶためです。

高校までの数学は、計算を重要視する傾向がありますが、論理が雑な部分があり腑に落ちない部分がいくつかありました。

それらをしっかりと学び直すために、大学で数学を先行しようと決めました。

数理科学科で学んだこと・役に立っていること

工学部数理科学科で学んだことは、おそらく他大学と基本的にはあまり違わないと思います。

微積分、線形代数、集合と位相を大学初年度で学び、学部2年の後半ぐらいから、代数学(群論、環論、体論、Galois理論)、幾何学(位相幾何学、微分幾何学)、解析学(ルベーグ積分、測度論、常微分方程式、偏微分方程式)を学びます。

また、学部3年から理学と工学に別れていて、純粋数学を極めたい人と応用数学(グラフ理論とかコンピューター関係、統計学、最適化問題)に進みたい人に別れていきます。

抽象数学は実生活と程遠く思われがちですが、それらを学ぶと、実際現実社会に数学は欠かせないものだということがわかります。

身の回りの製品や文明機器は全て、数学が基礎になっているということを思い知らされました。

また、論理を詰めて考えるとか根拠をしっかりと見つけていくという習慣を身につけることによって、私生活で、何かと契約するとき、営業マンにツッコミを入れられるようになりました。

つまり、簡単に自分を欺く行為に対して防御できるようになりました。

数理科学科の雰囲気

理工学部の中では、やはり男子が異常に多く、女子が少なめです。

それでも比較的女子が多いのは化学科とか応用化学科です。

数理科学科は、女子は多いというわけではなく、やはり男子の方が圧倒的に多いです。

数理科学科にきた人は、保険とか金融に興味がありなおかつ数学が強い人とか、もしくは研究志向が強い人とか、学校の先生になろうと思っている人が多いです。

数理科学科の楽しかったところ

理工学部の数理科学科では、実験がない分、自分でどんどんと専門書を読んで理解していく必要があります。

高校までに疑問に思っていた内容、たとえば、与えられた被積分関数の原始関数が初等関数でかけない理由とか、5次以上の代数方程式が代数的に解けない理由、多面体において、頂点の数ー辺の数+面の数=2がなぜ成り立つのかなど、大学でその証明を教わります。

他にもたくさん疑問に思っていたことが大学で解決されたことが多いです。

数学は結構奥深いということがわかったこと、さらに、大学でも数学において未解決問題が無数にあるということを知って、興味深かったです。

数理科学科のつらかった・大変だったところ

理工学部の数理科学科では、実験がない分、自分でどんどんと専門書を読んで理解していく必要があります。

抽象度がどんどん上がっていき、物事を定義するときでも本当にそれが定義できるのかとか、高校までではあまり議論されなかったことに対して注目し考えるのは難しかったです。

さらに、専門用語や定義が複雑だったり、定理を導くだけで何ページも渡る内容を理解するのは非常に困難でした。

数理科学科の卒業後の就職先・進路

理工学部の数理科学科の就職先は、保険や金融業、学校の教員(慶応では中学と高校の免許が取れます)が一番多いです。

しかし、最近、AI(人工知能)や仮想通貨(IT+金融)の分野が発展してきているので、そちらの分野に就職している人も増えています。

私自身は、サラリーマンとか公務員のような勤め人は、性格的に合わないので、PCで資産運用やクラウドソーシングで地道に稼いでいます。

卒業後の所感・メッセージ

理工学部の数理科学科、もしくは、数学系に進みたいと思うのであれば、やはり高校までに数学でつまづかないということと数学を好きであり続けることです。

理工学部の数理科学科に行ってよかったことは、たとえば、数学系の専門書だけでなくて、物理系や化学系の専門書を読むとき、物理や化学でもかなり高等数学を使いますが、それがすんなりとわかってしまうということと、意外にも文章読解力が身につくということです。

しかし、数学の理論が即座に実生活に役に立つということはありませんが、物事を論理的に詰めるとか、他人の言っている内容に矛盾が生じた場合それを見抜く力、つまり本質的に物事を見る力を養うことができます。

高校生が、理学部、工学部、理工学部に進みたいとき、数学と語学はしっかりと勉強しておいてください。

高校でつまづくと、大学に入った途端に全く理数系の科目についていけなくなります。