音楽専門学校 音響芸術科の口コミ

(読了時間:1分41秒)

音楽専門学校を目指した理由

テレビに関わる仕事がしたかったので、エンタメ系の学科がある専門学校に行きたいと思っていました。

音楽にも興味があったため、音響芸術科に入りたいと思い、放送芸術科という学科もあったのでさまざまな分野を学ぶことができると思い、入学を希望しました。

音楽専門学校で学んだこと・役に立っていること

音響に関することはもちろん、テレビやラジオのお仕事、コンサートなどの舞台設営についても学ぶことができました。

音に関わる仕事だけではなく、他の学科の勉強もできたので、知識が広がっていろんな職種に対応できるようになったと思います。

音楽専門学校の雰囲気

いろんなタイプの人がいました。

真面目な人や明るく活発な人、バンドマンや大卒の人など、タイプはさまざまでしたがみんな仲が良かったです。

男女比はちょうど半々くらいで、その学科は1クラスのみの30人ほどのクラスでした。

音楽専門学校で楽しかったところ

いわゆるマンモス校とは違い、学科の人数も多くて30人ほどだったので、学びやすかったと思います。

クラスの仲も良かったので、学院祭などのイベントの時にはみんなで一致団結して取り組むことができ、良かったと思います。

音楽専門学校でつらかったところ・大変だったところ

実際に現場で働いている方が講師として教えてくれるため、厳しい方はすごく厳しかったです。

ですがその分、実際の現場で役立つことは学べました。

一番大変だったのは、レポートの量が多かったことと、資格試験の勉強がすごく大変でした。

音楽専門学校の卒業後の就職先・進路

就職先は、その分野の仕事に就く人が大半でしたが、一般企業に進む人もいました。

他の学科の分野の就職先に就く人もいたと思います。

就職率は良かったと思います。

私は音響の道に進みました。学んだことが役に立ったと思います。

音楽専門学校卒業後の所感・メッセージ

本当に自分の学びたいことだけを学べるかといったらそうではなかったかもしれません。

興味のない授業もありましたし、この授業意味あるのかな?と思うこともありましたが、結果的にはいろんなことを学べて良かったと思います。

専門学校は、何を学びたいかを明確に決めてから、実際に学校見学に行ったりして、自分に合った学校を選ぶことをオススメします。