音楽専門学校 プロミュージシャン科の口コミ

(読了時間:1分46秒)

音楽専門学校を目指した理由

プロミュージシャンとしてデビュー、若しくはボーカルインストラクターとして指導するための知識や技術力を学んで身につけるために音楽専門学校を目指しました。

実際にプロデビューされている先輩方も多く、それも大きな進学の決め手となりました。

音楽専門学校で学んだこと・役に立っていること

プロの現場で立ち会う際に演奏時の修正力や変更した場合の対応力も学校内の実習だったり授業で身に付いたので凄く役立っています。

また指導する際に受け持ちの生徒さんに説明する際にも、理論的ながらも分かりやすく指導できるのも授業で多く学びました。

音楽専門学校の雰囲気

学生の雰囲気としては真面目な人もいれば和気あいあいと授業を受けている人と結構分かれています。

プロ意識の人もいれば何となくこの学校に進学したと言った人も多いのでモチベーションにも差は有ります。

男女比率は半々ぐらいでした。

音楽専門学校で楽しかったところ

やはり現役プロミュージシャンの方から授業で沢山指導頂けるのは嬉しいですね。

自身が作った楽曲だったり歌唱法などを細かく見てくれるし、メジャーデビューするには何が必要かなどの相談も親身に乗ってくれます。

また同じ目標を持った友人も多くできるのでいまでも付き合いがあります。

音楽専門学校でつらかったところ・大変だったところ

入学当初から楽曲制作の授業が有り、初めて作った楽曲を聴いてくれて担当して下さった先生がいました。

その方がプロデューサー出身で『こんな楽曲作ってやる気あるの?』みたいな感じで笑われながらも静かな怒りを感じた時はつらかったですね。

音楽専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後はプロミュージシャンと並行で動くためにボーカルインストラクター業も同時で始め、音楽スクールに就職をしました。

同じくインストラクター業に就く人もいれば、普通に一般企業に就職したりアルバイトをしながらプロデビューを目指す人も多かったりと進路はバラバラでした。

音楽専門学校卒業後の所感・メッセージ

在学時は色々と悩んだり技術力で壁にぶち当たって『自分には向いてないのかな?』と不安になる毎日でしたが、実際に卒業してインストラクターやプロミュージシャンとして活動し始めると学んだことが凄く役に立って、今では当時の先生とも一緒の現場で音楽の仕事もしています。

諦めそうな時こそ踏ん張っていけば必ず道は開けるので、マイペースで進んでください。