兵庫教育大学 学校教育学部 学校教育コースの口コミ

(読了時間:1分57秒)

学校教育コースを目指した理由

小学生の頃に担任していただいた先生たちに、当時から憧れを持っていました。

中学生や高校生になり、進路選択について考えるようになったときに、憧れていた先生方といつか一緒に仕事ができたら、同じような仕事に携われたらという気持ちが大きくなりました。

だから、小学校の免許が取れる学校教育学部への進学を目指しました。

学校教育コースで学んだこと・役に立っていること

現在兵庫県内の小学校で教員をしています。

私の出身大学は兵庫県の教員育成に特化しており、日々変わりゆく教育情勢についてもさまざまなことが学べたので、実際に現場で働くなかで、スムーズに順応していけたと思います。

また、教員採用試験の対策にも教授の方々は協力的だったので、非常にありがたかったです。

学校教育コースの雰囲気

車がないと不便な場所ですが、校内の学生同士での関わりが主になるので、学生同士の仲がいいです。

小学校の教員を目指す人がほとんどなので、女子の割合が多いです。

教授は学校現場経験者の方も多いので、現場に則した話を聞くこともでき、とても勉強になります。

学校教育コースの楽しかったところ

4回生になり、教員採用試験が迫ってくると、自分のコースだけではなく、他のコースの人たちと一緒に勉強したり、模擬面接をしてアドバイスしあったりできたので、試験勉強は苦ではなく、楽しく乗り越えることができました。

学校教育コースのつらかった・大変だったところ

私は学内でも少数派の自宅から通学していた学生なのですが、周りは寮や下宿の子がほとんどで、馴染んでいくのに時間がかかりました。

友だちが少なかった頃は寂しくてつらかったです。

試験はレポート形式が多く、いくつものレポートを仕上げる必要があったので大変でした。

コツコツ取り組めば大丈夫です。

学校教育コースの卒業後の就職先・進路

教員養成系の大学ということで、ほとんどが小学校や中学校の教員になります。

試験に合格できなくても、臨時講師として現場に出て、採用試験合格を目指します。

まれに企業に就職したり、NPO法人の職員になったりする人もいました。

卒業後の所感・メッセージ

大学時代に学んだことを現場でしっかり活かせれば、即戦力になることができます。

しかし、現場に出てからも学ぶ姿勢でいなければ、数年できつくなってきます。

実際、私の大学出身の教員は、始めは他の大学出身の学生に比べて優秀だと言われますが、数年経つとダメになると言われることもあります。

大学で学んだことを現場に出てから活かしつつ、現場でもさらに学んでいくことが長く働くなかで大切かと思います。