国立大学 教育学部 教育心理学専攻の口コミ

(読了時間:1分47秒)

教育心理学専攻を目指した理由

ヒトとのコミュニケーションを得意になりたいと考えていたところ、臨床心理学でカウンセリングについて学べると知ったことが学科を目指したきっかけです。

心理学について調べる中でヒトの心そのものにも興味が出ました。

教育心理学専攻で学んだこと・役に立っていること

期待通り、カウンセリング技法について学ぶことができました。

ヒトの話をうまく聞いていろいろ話してもらうための技術的な部分を学んだり、実際に学生同士でロールプレイング(お互いがカウンセラーとカウンセリングを受ける人の役割を演じて練習すること)をして技術を身に付けたりしました。

教育心理学専攻の雰囲気

男女比は、大学の中では女性の割合が高めでした。

同じようにヒトの心に興味を持っている人が集まっていたため、基本的に優しく、他人を思いやることができる人ばかりでした。

しかし、自分の心にも少し影を持つ人も比較的多かったと思います。

教育心理学専攻の楽しかったところ

今まで知らなかったヒトの心の動きや特徴、仕組みについて学ぶことができてとても興味深かったです。

また、カウンセリングや知能検査、質問紙調査など、心理学の実験や調査、臨床的な技法についての実習も多く、純粋に面白かったです。

教育心理学専攻のつらかった・大変だったところ

楽しかったところと表裏の関係ですが、実習が多かったためにその準備が大変なこともありました。

自分たちで講義の時間以外に時間を作って質問紙調査の項目を考えたり、質問紙を配る友人を探したり、知能検査をさせてもらえるお子さんのいる友人を探したりしました。

あと、数学が苦手な人は心理学で必須の統計分析に苦戦していました。

教育心理学専攻の卒業後の就職先・進路

半分以上は大学院に進学しました。

精神疾患に苦しむ方を救う臨床心理士を目指す人が多かったため、臨床心理士の資格を取ることができる大学院への進学が多かったです。

また、他にもさまざまな分野の大学院へ進学していきました。

就職は公務員や一般企業、ベンチャー企業など多様でした。

卒業後の所感・メッセージ

人の心について詳しくなれるのが心理学のよいところです。

さまざまな心理学がありますが、特に臨床心理学で学べるカウンセリング技法は日常生活で人の話をしっかりと上手に聞く上で役に立ちます。

私もこの学科に進学したおかげでコミュニケーション能力が向上したと感じています。