国立教育大学 教育学部 発達教育学科の口コミ

(読了時間:1分43秒)

発達教育学科を目指した理由

障害者福祉に興味があり、高校時代はボランティアをしていました。

ただ現場を見るとなかなかその道に進むのは厳しいとわかり、施設ではなく公的な道に進むことにしました。

公務員は希望の職に配属されるわけではないと知り、確実な特別支援学校の教員免許をとろうと考えました。

発達教育学科で学んだこと・役に立っていること

自分のように福祉への興味から入学した人はほとんどおらず、周りは全員教師を目指して入ってきています。

そのため熱い思いを持っている人が多く、かなり刺激を受けました。

障害に対する知識も満遍なくつけられ、社会における障害者の位置付けを学べました。

発達教育学科の雰囲気

女子が多く、自分の学科では男子は1人だけでした。

みんな教師になるという同じ目標をもっているので、刺激を受けながら一緒に成長していく雰囲気です。

ただサボりがちな人などに対してかなり厳しいところはあり、少し居心地が悪い思いをしました。

発達教育学科の楽しかったところ

レクリエーションなどがすきなので、合宿などでは小・中学生のようにオリエンテーションや出し物などを楽しみました。

子ども相手の授業も多く、かなり実践的でやりがいがあります。

講師のアルバイトも紹介してもらえました。

発達教育学科のつらかった・大変だったところ

周りの意識が高い分、自分のように教師を目指しているわけではない人にとっては、多少居心地が悪いことはありました。

採用試験の前に一般の就活が始まるので、何の情報も得られないまま1人で就活をするのはなかなかつらかったです。

発達教育学科の卒業後の就職先・進路

圧倒的に教師が多いです。

教員採用試験に受かっていなくても、大多数は講師の道に進んでいます。

また最近は外国の日本人学校も人気で、同じ学年から3人が海外に渡りました。

企業に就職したのは自分1人だけでした。

卒業後の所感・メッセージ

やりたいこと、目標、進みたい道、とりたい資格などが決まっている場合は、単科大学や専門学校に進むとかなり知識をつけることができます。

周りに同じ目標をもった人ばかりなのでいい刺激にもなります。

ただまだ目標が固まっていないのなら、単科大学ではなく複数の学部がある大学に進む方が、広範囲の勉強ができるとおもいます。