関西の国立大学 教育学部 小学校教員養成学科の口コミ

(読了時間:1秒)

小学校教員養成学科を目指した理由

「小学校の先生になりたい」という思いがあり、実際に教員免許取得に必要な単位を履修できる大学、学科をさがしていました。

実際に学校現場への就職実績の高さや、授業や実習内容などをパンフレットや口コミを参考にしながら決めました。

小学校教員養成学科で学んだこと・役に立っていること

卒業後学校現場で働くことはできましたが、今はやめてしまっています。

しかし、児童心理や子どもの発達、教育についていろいろと考えたり見たりしてきたことは、現在の自分の子育てや他の仕事をして子どもと関わる際にも、知識・経験として役立っています。

小学校教員養成学科の雰囲気

教育学部のなかでも、小学校の教員養成課程は男女比も半々くらいで、年齢層も現役から一度社会に出てもう一度大学で学んでいる方など、本当に幅広い方がおられたと思います。

共通しているところは「子どもが好き」ということで、イベントが好きだったり(在学中の)アルバイトでも教育現場や接客など人と関わるものにやりがいを感じている人が多いと思います。

小学校教員養成学科の楽しかったところ

教育学部の授業の中では、模擬授業のように、学生同士が子ども役・先生役を交代でしたりします。

また、学校の活動の中でドッジボール等に本気で取り組む機会もあり、大学での勉強をしながら童心に戻って活動できる機会も多くて楽しかったです。

小学校教員養成学科のつらかった・大変だったところ

教育課程一本だったので、途中で「教育系以外の進路を目指したい」と気持ちが変わると、やっていることと思いにブレがありつらい所もありました。

私はもちなおしましたが、途中で退学してしまう同級生もいたり、「狭く深く」一つのことを学ぶ学科であるだけに、卒業までずっとモチベーションを保ち続けるのは大変でした。

実習はもちろん有意義な経験ですが、実際に学校現場を体験してこそわかるつらさや悩み等も出てきますし、教育系以外の就職活動にはこの学科は不利、という噂もありました。

小学校教員養成学科の卒業後の就職先・進路

自分を含め、小学校に就職する人の割合が多かったです。

公立、私立小学校のほかにも、別に履修(かなりの努力)が必要ですが中学校の一部の免許も取れるので、中学校や学習塾に就職した人もいました。

少数ですが、一般企業や自営業の道に行った同級生もいます。

卒業後の所感・メッセージ

やはり、実習やインターンシップで短期間でも「先生」として関わることのできた子どもたちとの思い出は、卒業後どんな道に進んでも一生の財産になりますし、別のことをしていても大学時代の経験はいきていると実感できます。

教育への思いや子どもが好きという気持ちがあれば、学べるものも多い学部・学科だと思います。