公務員専門学校 技術職学科の口コミ

(読了時間:1分53秒)

公務員専門学校を目指した理由

将来は公務員の技術職として働くことを志望していたので、専門的な知識が学べる本校に入学することを決めました。

入学する前には一度体験授業を受けたのですが、その時の講義が分かりやすかったのも、本校に入学する決め手になりました。

公務員専門学校で学んだこと・役に立っていること

講義は専門的な授業が多かったのですが、卒業してから仕事で役に立つことばかりでした。

特に設計図面の描き方については、今でも当時の参考書やノートを見返すことがあるほどです。

また、数学や物理といった基礎科目も勉強することができたので、仕事上で強度計算するときには役に立っています。

公務員専門学校の雰囲気

クラスの雰囲気はとても良かったです。

授業を聞くときはみんな集中していますが、休み時間は笑い声が絶えない教室でした。

また、私が所属していたクラスは1クラス40人ほどでしたが、女子は3名だけで、ほとんどが男子学生でした。

公務員専門学校で楽しかったところ

座学だけでなく、実技を通したグループワークの授業があったので、飽きずに楽しく過ごせました。

特にグループワークはクラスメイトと仲良くなるきっかけにもなるので、そこで仲良くなった生徒とは卒業した今でも交流があります。

決して勉強だけで終わらないのは、本校の良さだと思います。

公務員専門学校でつらかったところ・大変だったところ

公務員に特化した授業を毎日受けれるのはありがたかったですが、卒業したら全員が公務員になれるわけではありません。

そのため、万が一公務員になれなかったときのことを考えると、専門学校で過ごした日々が無駄になってしまうのではないかと不安でいっぱいでした。

そういった不安と戦わなくてはいけないのは非常につらかったです。

公務員専門学校の卒業後の就職先・進路

公務員の専門学校なので、卒業後の就職先は公務員の方が多かったです。

私も卒業後は公務員技術職に就職しました。

しかし、全員が公務員になれるわけではないので、公務員になれなかった方は浪人するか、メーカーなどの技術系の企業に会社員として就職するかの2択でした。

公務員専門学校卒業後の所感・メッセージ

公務員になるには必ずしも専門学校に通う必要はありませんが、合格してから長く働くことを考えれば、学校に通うのも選択肢の一つです。

特に専門学校であれば、公務員に特化した授業を毎日受講でき、自分と同じように公務員を志す生徒と切磋琢磨しながら日々を送ることができます。

公務員になりたい方は、専門学校に通うことも是非考えてみてください。