東海大学 工学部 精密機械学科の口コミ

(読了時間:1分36秒)

精密機械学科を目指した理由

機械いじりが大好きでこの学科を選びました。

機械のメカニズムが学べる。基礎から応用まで、特に時計などの機械モジュールしくみ、製図方法など授業があり本当に良かったです。

人数も少なく設備もしっかりしておりいい大学だと思います。

精密機械学科で学んだこと・役に立っていること

大学の実験室で振動工学の勉強をした。

なかなか思うような結果は出なかったが共同で研究したクラスメイトがいまだに付き合っている。

お互い別の会社に入ったがなにかあると相談に乗ってくれたり本当の友ができたことが大きい。

精密機械学科の雰囲気

付属から上がってくる人が1/3程度います。

女性はわが年次はいなかったです。

男ばかりなので特に気取っている人もいなく和気あいあいしたムードでした。

共通の趣味というか機械いじりが好きな連中が集まっており、机上の授業はあまり人気がないですが、実験はみんな一生懸命やります。

精密機械学科の楽しかったところ

いい人が多いです。

大学のそばにアパート借りて住んでいるクラスの人間は、誰が宿泊しても文句をいいません。

また、テストが近くなると大学のそばの友達の家でガシュクをして試験に備えるのが恒例になっていました。

今思うと楽しかったです。

精密機械学科のつらかった・大変だったところ

4年生での研究室での課題であった振動工学の実験が、自分のたてた仮説通リ進まず、なんども挫折しかけました。

本当にやりたくないなと何度も思いました。

その時クラスの友人相棒が励ましてくれなかったら多分大学をやめてたと思います。

精密機械学科の卒業後の就職先・進路

一流企業に入るのは難しいので、実力主義の外資系の企業を私は選びました。

私と同じ意見の友人も何人かおり現在私が入社した会社には同じ学科から4名(かなり多いです)受けて私のみ合格しました。

卒業後の所感・メッセージ

高校の勉強があまり得意でないけど機械が好きな人にはお勧めの大学です。

私学で親の負担も大変ですが、入って損はない大学です。

生徒も少なく実験装置も割と自由に使えて元は取れると思います。