地方私立大学 工学部 機械工学科の口コミ

(読了時間:2分56秒)

機械工学科を目指した理由

私は高校1年生の終わり頃から進路を考え出しました。

ツアーコンダクターなど地元に貢献できるような職を考えていましたが、地球温暖化のニュース等を見て、何よりもこの地元の環境や緑を守りたい!と思うようになりました。

 ものづくりや科学技術が進めば自ずと自然破壊に繋がってしまう…ならば今エコや省エネといったものをもっと根本的なところから実行していけばいいのではないか!と考え付き、今は環境に優しいものづくりができるエンジニアになることを目指しています。

 女子が少数の工学部ではありますが、それでもやりたいことをやるために、夢を叶えるために、自分がしたい勉強をするために今は工学部として大学生活を送っています。

機械工学科で学んだこと・役に立っていること

工学部は数学物理科学を学びます。

すべての基礎になるのがやはり数学です。

私は普通科の高校出身ですが、工業高校出身の人と比べると専門性や実技的な知識では劣るところもあります。

それでも、普通科ならば幅広く、色んな角度から見ることができることもあるので一概にどちらが良いとは言えないです。

話は戻りますが、数学は高校からの基礎固めが必要になります。

大学によっては合格できたとしても、基礎がなっていなければ講義についていけません…現状の私がそうです。

なので工学の勉強をするのであればなによりも優先すべきは数学の勉強であると言えます。

機械工学科の雰囲気

工学部の男女比は9対1です。

機械や電気だと女子が0なんていう学科もザラです。

生物工学情報工学だとまだ少しは多いような気もします。

理系だとオタクだとか変わっているなど偏見を持たれがちですが、文系にも理系にも等しくそのような人はいます。

理系にも陽気な人はたくさんいますし、暗いイメージばかりではありません。

意識については、まだ就職は嫌だという理由で工業高校から流れてくるなんていう人もいます。

でも、建築士になるんだという大きな夢を持っている人もいたりします。大学は本当に色んな人がいます。

機械工学科の楽しかったところ

前述したように、女子は少ないので女子同士の団結は強いです(笑)

少ない分男子からの扱いも他の学部より良いかもしれません…(笑)

男子友達は多いよ!って女子ならば楽しい大学生活です!

逆に、女子と関わりたいと思う男子からすればつまらないことも多いかもしれません…

でも勉学の上では男女など関係ないですから、楽しくやっています!

機械工学科のつらかった・大変だったところ

私は高校時代に数学の基礎があまり十分ではなかったので今非常に苦労しています。

数学だけはきっちりやるべきです。

それと、女子が不真面目なところがあると凄く目立ってしまいます…

大勢の中の男子より、少数である女子が授業中に居眠りなどしてしまうと簡単に顔を覚えられてしまいます(笑)

機械工学科の卒業後の就職先・進路

工学部は引く手あまたです。

就職先には困りません。

機械電気なら確実でしょう。

企業もたくさんありますから、自分が選ぶというよりは企業に選ばれるという形になるかもしれません。

優秀であればなおさら仕事には困ることはないと思われます。

卒業後の所感・メッセージ

工学部は少ない女子もたくさんの男子もみんな仲良くやっています!

優しい男子もたくさんいます!

女子で理系を考えている方は工学部も考えてみてはいいのではないでしょうか?

また、理系ならば数学はすべての教科の土台になるので最優先で勉強してください!

最近ではグローバルな企業も増えて、世界と連携しながら技術開発に取り組んでいるのでぜひ外国語もたくさん勉強してください!

工学は未来を形作る学科です。

良くも悪くも私達の手で技術を作り上げることを学べる学部です。

研究重視の理学部とはまた違う、ものづくりという面白さが待っています。

私は大学進学の勉強に励むみなさんを応援しています!