企画情報学部卒業生の体験談・就職先まとめ

(読了時間:1分55秒)
県立N大学 企業情報学部 企業情報学科卒業生の体験談・口コミ

企業情報学科を目指した理由

高校3年生の時に進路どうしようかなと迷っていた時にたまたま大学説明会でお会いした先生の考えた方や話し方に生き方がとても素敵でかつかっこよく、その瞬間に「あぁこの先生の元で勉強がしたいな」という風に思ったからです。

企業情報学科で学んだこと・役に立っていること

自分の役割がなんなのかはっきりと理解できたことです。

また一方の視点からではなく経営、プログラミング、地域ビジネス、哲学などのさまざまな視点から物事が見えるようになった事、受け身ではなく能動的に考え、行動するという基礎を身に着けたことです。

企業情報学科の雰囲気

企業情報の学生の性格はどちらかというとオタク寄りな人が多いです。

男女比も男性のほうが多いですが一度友達付き合いをするとなると深い友達付き合いがしやすい環境にあります。

またさまざまな視点を学ぶのでいろんな話が飛び交いさまざまな情報が入りやすい雰囲気です。

企業情報学科の楽しかったところ

さまざまなことに触れられること、デザインから簿記、経営学経済学、果ては心理学や哲学などの多くの分野を学ぶことができるので自分の考え方が自分でわかるところがすごく楽しかったです。

また学園祭ではカラオケ大会もありみんなで盛り上がるのもまた楽しかったです。

企業情報学科のつらかった・大変だったところ

多くの分野が学べるということは逆を言えば苦手な分野もある程度必修で学ばなければなりません、私の場合はドイツ語を学びたかったのですが抽選で落ち、中国語の講義を取らなければなりませんでした。

その時は苦痛な気持ちになりながら講義を受けていました。

企業情報学科の卒業後の就職先・進路

プログラミングや経営を学ぶ学科なので、販売や接客業よりかは事務やIT関係の会社に就職する方が多く、郵便局などにも努められた方もいます。

自分は経営を学んだ上で自分で物を売りたいという観点から販売業を選択しました。

卒業後の所感・メッセージ

企業情報学部はさまざまなことを学べ、また私が入学を決める点にもなった素敵な先生もいます。

そして自由な雰囲気があるのでとてものびのびと学校に通うことができました。

そしてこの学部で出会った何よりもかけがえのない友人たちと一緒の時間を過ごせた事は一生忘れる事はないでしょう。

素敵な出会いと素敵な事を学ぶのであれば、ぜひともオススメする学部です。