神戸国際大学 経済学部 マクロ経済学科の口コミ

(読了時間:1分36秒)

マクロ経済学科を目指した理由

やはりありきたりとおもわれてしまうかもしれませんが社会人になった時に何かの役にたつことがあるとおもいましたし経済は本当に人生の基盤になるとおもったからですよね。

かなり自分は政治家に興味がありましたからね。

マクロ経済学科で学んだこと・役に立っていること

やはり今は事務の営業をしていますがこのような学問のおかげでコンピュータをするにしても何をするにしてもデータや色んな場面でマクロは本当に役に立っていますし間違えた選択ではないと今でも思っています。

役に立ちます。

マクロ経済学科の雰囲気

経済学の学生はやはり結構真面目ですよねまた意識的には適当な人はいないですよね。

講義もちゃんときいていますし男女差はやはり男性が多いと思いましたよね。

とくに証券会社でも経済は必要にはなってきますしね。男性向きですよね。

マクロ経済学科の楽しかったところ

やはりグラフとかを使って色んなものを判断基準にして研究してみたりすることはかなりたのしかったし自分の好きな分野を研究することもできるので大いに活用していろんな課題に取り組むこともできるのでこれはかなり楽しかった。

マクロ経済学科のつらかった・大変だったところ

やはりまずは簡単にいかない時があるとつらいですよね。

結果的にマクロはかなりむずかしいので色んな参考書をつかったり自分なりに教授にきいて色んなアプローチで勉強しないとものにならないところではないのでしょうかね。

マクロ経済学科の卒業後の就職先・進路

まずは大手の会社で営業職をしましたし管理職もしましたがこのマクロがかなりやくにたちましたよね。

売上や色んなデーターを入力してこれからの予測もたててみたり過去のデーターから導き出されたことで色んなことがわかることですよね。

卒業後の所感・メッセージ

まずは一生懸命に勉強をしましょう。

色んな道が開かれることはあると思います。

何でも一生懸命に取り組むことは大切ですよね。

くじけないで自分を信じてわからなかっても自分なりに参考書を読んだり教授に聞いたりして色んなことをチャレンジしてみてください。

きっといいときがきます。