MARCH系大学 政治経済学部 経済学科の口コミ

(読了時間:1分36秒)

経済学科を目指した理由

私は文系でしたが受験の選択科目で地理を選択しており、地理で受験できる学科は限られてしまっていました。

経済学科はわりと地理受験OKなところが多く、将来の就職にも役に立つのでは?と思い、志望しました。

経済学科で学んだこと・役に立っていること

就職活動の際、経済学科はわりとどの業界でもウケが良かったように思います。

直接仕事に関係のない業界であっても、エントリーシートで落とされるということは少なかったです。

私は金融に就職したので、BS・PLなど、実際の仕事でも多少つながる面がありました。

経済学科の雰囲気

大学の校風のせいか、圧倒的に男性が多かったです。

男女比は7:3くらいだったと思います。

ただ、商学部ほどガチガチに勉強しなくてはいけない雰囲気ではなく、単位も取りやすく、勉強・バイト・遊びをバランスよく楽しめる学部、とい印象でした。

経済学科の楽しかったところ

とにかく、単位が取りやすかったところが非常に助かりました。

経済学科といえども、自分で選択すれば法学や異文化コミュニケーション学国際関係学も学ぶことができ、オールマイティーにいろいろなことを学べました。

経済学科のつらかった・大変だったところ

経済学科なので、当たり前ですが、やはり経済学が大学4年間を通して必須科目だったことです。

入学して勉強して初めて、自分が経済学が苦手(なかなか理解できない)なことに気付いたため、試験前の勉強は大変でした。

経済学科の卒業後の就職先・進路

私は銀行に就職しましたが、同じゼミ生もやはり損保、都市銀行、地方銀行、信用金庫等、圧倒的に金融に就職する人が多かったです。

金融系の次にSE系に就職する人が多かったです。

金融は給与体系もほかの業界に比べ高いので、良かったと思います。

卒業後の所感・メッセージ

就職活動を考えると、政治経済学部、経済学科はどの業界でも印象が良いので、有利だと思いました。

どの企業にも経理・財務部門はあるので、金融の知識を持っていると、少なくとも経理系の仕事につながりやすいと思います。

簿記の資格も持っていると、転職を考えるときにも有利だと思います。