地方私立大学 経済学部 経済経営学科の口コミ

(読了時間:1分44秒)

経済経営学科を目指した理由

経済学部経営学科を目指した理由は、一人一人が経営できるくらいの能力を備えなくてはいけないなど多くの方にアドバイスをいただいて、会社に入るのも大事だけども個人の経営能力も必要だと学んで目指しました。

経済経営学科で学んだこと・役に立っていること

経営学科で学んで役に立っていることは、他の会社などを見て会社の概要から情報、資本金や金銭情報など理解しやすくなったところです。

また簿記的やり取りなどもできるようになったところが役に立っています。

資格取得は目指さなかったが知識など勉強で学びました。

経済経営学科の雰囲気

経営学科の雰囲気はほとんどの人が個人での経営戦略を持っていたので情報交換がしやすかったのと、みんな違うことを考えたりするので違う方向の意見が新鮮でした。

男女比は男性8女性2の割合でした。

ほとんどの方が性格的に自由であったり、マイペースな方が多かったです。

経済経営学科の楽しかったところ

特に面白かったのが経営力の中に自分で営業しなくてはいけない部分も出てきてしまうのでコミュニケーション能力を高める授業が多かったことです。

なのでグループワークなども多く、そこからネットワークや友達が多くできたりなど、さまざまな学部の中で一番仲が良く交流深い学部だったと思います。

経済経営学科のつらかった・大変だったところ

大変だったことは明確な資格取得がなかったことです。

マーケティング力やコミュニケーション能力などは高めあったりしましたがこれと言って資格取得推奨されることもなかったので就活の時など資格欄にかけない学生が多かったので大変に感じていました。

経済経営学科の卒業後の就職先・進路

経営学科の方の就職先で多かったのはこれから伸びそうであろうベンチャー企業が多かったです。

安定よりかは先を見越して伸びるのではないかとベンチャー企業に勤める方が多かったです。

また学生時代に貯めていた人は会社を経営する人も多くいました。

卒業後の所感・メッセージ

高校の時は就職に対しての考えが曖昧なものでした。

ですが経営学科は会社情報をもとに授業をすることが多いので会社や業界などを見る目が養われたことが良かったです。

なので就職というものがわからなくても大学で多くの就職や会社、業界に対して学ぶことができるので焦る必要はないです。