都内私立大学 経済学部 経済学科の口コミ

(読了時間:1分53秒)

経済学科を目指した理由

高校3年生の大学選びの時点では、大学卒業後にどんな職業に就きたいかという明確なビジョンがなかったため、就職先の色々な可能性のことも踏まえて経済学科という比較的満遍なく、経済や会計学などを学べる学部を選びました。

経済学科で学んだこと・役に立っていること

経済学部 経済学科では、経済情勢や経営科目の授業も受けることができました。

現在私は自営業をしているため、経営において学んだことは今に活かされています。

経済学は就職できる職種が広いので他の道へ行った時も役に立つことが沢山あると思っています。

経済学科の雰囲気

自分自身のクラスでいえば、女性の比率は少なかったです。

経済学部 経済学科は、どちらかと言うと男性が選択するというイメージでした。

学生の性格は一言では言えませんが、地方出身者の方が多く地元の話を楽しくしている光景が良く見られました。

学ぶ時は学び、遊ぶ時は遊ぶという切り替えができている人が多かったです。

明るい方から穏やかな方までさまざまなタイプの人がいました。

経済学科の楽しかったところ

選択する科目により1日の就学時間が不規則な面もありましたが、逆に自由な時間を増やすこともできました。

アルバイトに勤しんだり、共通の趣味を持つ友人達と親交を深めたり大学生にしかできない時間の使い方を楽しむことができました。

経済学科のつらかった・大変だったところ

経済学部経済学科は、専門的な分野の講義になり専門的な用語に慣れるのが大変でした。

大学になると高校とまた違い、授業が不規則なパターンになることが多かったのですが、進級できるよう必須科目の単位取得していくことは一苦労でした。

経済学科の卒業後の就職先・進路

卒業後、私は小さな会社を起業し、友人達は都市銀行、地方銀行に流通業、大手食品メーカー、衣料品メーカーなどに就職をしました。

それそれジャンルは違いますが、安定しま企業に就職して行きました。

地元に戻って家業を継いだり、公務員になった友人もいます。

卒業後の所感・メッセージ

会社を経営していくために経済学部 経済学科で学ぶことができた「会計学」は経理する時など役に立っています。

どちらの学部でも似た部分があると思いますが、教授によって講義が分かりやすかったり、分かりにくいというのがあって、それはイマイチだったかなと思います。

なりたい職業がある人、まだなりたい職業がな分からない人もいると思いますが、経済学科 経済学部で学んだことは就職活動や将来に役立ちます。

頑張ってください。