地方私立大学 経済学部 経済学科の口コミ

(読了時間:1分46秒)

経済学科を目指した理由

私が経済学部を目指した理由は、一通り経済のことを学びたかったからです。

特に「〇〇の職業につきたい」ということもなく、まずは社会の基本的なことを勉強しようと思いました。

就職の幅も広いと聞いていたこともありこの学部を選びました。

経済学科で学んだこと・役に立っていること

経済学部イコールの職業というのは特になく、他の学部よりは専門性がないかもしれません。

ですが、生きていくための知識がつきました。

経済学部で学ぶことは世の中の仕組みやお金のことなどさまざまですが、社会にでてからもずっと役に立ちます。

経済学科の雰囲気

私が大学に通っていたとき男性の方が多いものの、女性も多くいました。

経済学部の雰囲気ですが、比較的真面目そうな人もいましたし元気そうな人もいました。

女性はさまざまなタイプの人がいたのですが、男性は比較的おとなしい雰囲気の人が多かったです。

経済学科の楽しかったところ

世の中のいろいろな仕組みを知ることができるので、もともとそういったことに興味がある私にとっては楽しかったです。

また数字を使うことが苦手でしたが、思っていたよりも数字を使うようなことがないため全体的に私にあっていて楽しかったです。

経済学科のつらかった・大変だったところ

経済のことを学ぶので、とても範囲が広いです。

全く知らないことを学ぶので最初は大変でした。

また思っていたより数字を扱うことは少なくて安心しましたが、それでも全くないというわけではありません。

微分や積分が苦手な私はそのあたりが一番苦労しました。

経済学科の卒業後の就職先・進路

経済学部は仕事の幅が広いです。

私は一般企業の経理職につきましたし、周りをみても一般企業の営業や事務系などが多かったです。

あとは会計士や公務員のなった人も比較的多くいました。

他の学部と比べても選択の幅が広いので一概にはいえませんが、そのまま企業する人もいました。

卒業後の所感・メッセージ

私は世の中の経済の仕組みに興味があったので経済学部に進み、楽しむ学ぶことができました。

ただ中には「理系をはぶいて消去法で選んだ」という人も多くいました。

それも選択の1つだと思うのですが、そういった人はもともと興味がないので学ぶことが苦痛そうでした。

経済に興味があれば楽しく、また自分のためにもなるのでおすすめです。