地方国立大学 経済学部 経済学科の口コミ

(読了時間:1分38秒)

経済学科を目指した理由

経済学部経済学科を目指した理由は就職に有利と考えたためです。

経済学部経済学科では、社会の仕組みや構造、お金の成り立ちなどを学べるため、経済を学ぶことができれば世の中の企業の多くで利用し活躍の機会を得やすいのではないかと考えたためです。

経済学科で学んだこと・役に立っていること

学んだことで今役立っていることは、市場分析の方法です。

現在私は営業職をやっており、ターゲットとするお客様を設定し実際に営業に行く場面が出てきています。

その際に経済学部で学んだ市場分析の手法やターゲット選定の方法を活用しています。

経済学科の雰囲気

よく喋りよく遊ぶ学生が多いです。

初めて話す人たちにも積極的に話題を振ることができるような、コミュニケーション能力の高い学生が多いです。

男女比は男6対女4程度の比率で、出会いもあります。

経済学科の楽しかったところ

楽しかったところは、必修以外の選択科目の授業で自分の興味ある分野から多く選ぶことができたことです。

フィールドワークをし住民にインタビューをする地域経済の授業などは、経済学部経済学科でしか受けることができない授業であり楽しく学ぶことができました。

経済学科のつらかった・大変だったところ

大変だったところは、必修科目のミクロ経済学、マクロ経済学で数学を必要とするところです。

受験時に数学が必須ではなかったのに学部に入ってから数学の知識がないと解けないような問題が出るので、結局再度勉強しなおす必要があり大変でした。

経済学科の卒業後の就職先・進路

卒業後は営業職にいく人たちが多いです。

経済学部で学んだ市場分析の手法やターゲット選定の方法を活用を活用できる場面があり、かつコミュニケーション能力が高い人が多いためです。

就職留年もあまりなく、卒業後すぐに就職している人が多いです。

卒業後の所感・メッセージ

経済学部ではコミュニケーション能力に長けた人が多く来ますので、学部内でも楽しく過ごせると思います。

また、就職時も学んだ内容が有利になる要素があるので、経済学部はおすすめできます。

時間的な余裕もある学科なのでサークル活動なども積極的に取組むとよいと思います。