公立大学 経済学部 経済学科の口コミ

(読了時間:1分35秒)

経済学科を目指した理由

高校の頃から投資に興味があり経済学部に行けば投資に役立つ知識を豊富に学べると考えたため経済学部を目指すようになりました。

四季報を読んだりすることも好きだったため自分には経済学部がぴったりだと考えていました。

経済学科で学んだこと・役に立っていること

やはり投資にはかなり役立っています。

企業の業績等をしっかりと見極められる知識を得ることができました。

また、金融業界に就職したため就職の際に経済学部で学んだ知識が生かせると自己PRができたので内定をたくさんもらうことができました。

経済学科の雰囲気

経済学部だからといって投資に興味があったり、金融業界に興味のある人ばかりではありません。

知識を得るために経済学部を選んだという人よりも、実際は他の学部よりも単位が取りやすい授業が多いため、とりあえず経済学部にしたという人が多かったように思います。

経済学科の楽しかったところ

なによりも興味のある分野の授業をたくさん受けることができたことが楽しかったです。

独学で学ぶよりも分かりやすくよかったです。

また、経済学部だからと言って経済の事ばかりでなく社会で役立つような授業が多種多様であったこともよかったです。

経済学科のつらかった・大変だったところ

とりあえず経済学部という人が思っていたよりも多く、騒がしくて授業に全く集中できないということもありました。

ゼミも興味のあることだったため熱心に取り組みましたが、周りの人とのテンションの違いがしんどかったです。

経済学科の卒業後の就職先・進路

進路は私は金融業界に就職しました。

周りでも金融業界に就職した人が多かったです。

やはり経済学部卒業というのは金融業界で内定が取りやすいようです。

院に進む人はあまりおらず、ほとんどが学部卒業で就職していました。

卒業後の所感・メッセージ

経済学部で学ぶ知識は社会に出てから必ず役に立つ知識ばかりです。

授業で得られる知識は無駄になる知識ではないため、「経済関連に興味がないけれどとりあえず経済学部にしておこうかな」と入学しても経済学部でよかったと思えるはずです。