MARCH系大学 経済学部 経済学科の口コミ

(読了時間:1分46秒)

経済学科を目指した理由

英語・数学が得意であったこと。

公認会計士になりたかったので受験科目が重なる経済学部を選びました。

会計士を止めて公務員試験を狙うことになっても経済学部だと潰しがきくので切り替えができると思ったのも理由の一つです。

経済学科で学んだこと・役に立っていること

会計士試験と科目が重なってる授業は基礎を学ぶのにちょうど良かったと思います。

ただ、大学の授業レベルでは全然足りないので資格予備校に通うことになりました。

他には一般教養で学んだ知識がたまに役に立つことがあります。

経済学科の雰囲気

男女比は全体だと男子の割合のほうが少し多かったですが、語学のクラス分けは半々ぐらいでした。

理系と比べて単位は取りやすいのでサークル・バイト・遊びなどをバランスよくやっている人が多かったです。

難関資格を狙おうとしてる人は少数でかなり浮きました。

経済学科の楽しかったところ

高校とは違い自分のやりたい勉強に集中できたのが一番嬉しかったです。

出席重視の授業では無理でしたが会計士試験の勉強と重なる授業は出席しなくてもレポートを出したり、テストを受けるだけで余裕で単位が取れて楽だったのが良かったです。

経済学科のつらかった・大変だったところ

キャンパスが都心から離れていたので通うのに苦労しました。

予備校とも距離があったので家・大学・予備校と通学時間だけでかなり掛かったのが面倒でした。

この苦労は就職活動時に他の学生も大学を往復する必要が出てくるので実感していました。

経済学科の卒業後の就職先・進路

俗にいう学歴フィルターには引っかからないのでチャンスは誰にでもあったと思います。

ただ、早慶以上の大学に比べると大手企業に内定する人の数は少ないですが、0ではないので本人の頑張り次第です。

難関資格は在学中に取れる人もごく少数なのであまり夢を見ないほうが良いかもしれません。

卒業後の所感・メッセージ

公認会計士・税理士になりたいと思っている人は勉強することが資格に直結するので経済学部はありだと思います。

ただ、正直な所、商学部経営学部の方が試験科目と授業がより重なることが多いのでオススメです。

学校によっては経済学部だと会計学などをあまり力を入れてない場合があるのでよく調べた方が良いです。

あとは都心から近い学校を選ぶと就職活動時は本当に楽になります。