地方私立大学 経営学部 経営学科の口コミ

(読了時間:1分43秒)

経営学科を目指した理由

将来的に自分で会社を経営したい考えを持っていたので、経営学部と経営学科にてビジネスの基本的な考え方や成功している企業の研究、会計などについて学ぶために目指しました。

また、受験勉強を続ければほぼ確実に合格できそうだったことも目指した理由の1つです。

経営学科で学んだこと・役に立っていること

経営学部の経営学科で学んだことで役立っているのは会計の知識です。

在学当時は熱心に簿記を勉強し、資格を取得したので独立した際に自分で経理業務をを担当することに苦手意識はなかったです。

また、強みをつくること、顧客層を絞ったりなど経営戦略の基本的な考え方も現在の仕事で活きています。

経営学科の雰囲気

経営学部経営学科は8対2で女性よりも男性の学生の方が多かったです。

もう少し女性の学生は多いイメージででしたが、現実は違っていました。

また、経営学部経営学科に通っているからといって、全ての学生が経営に興味を持っていたり、起業を目指したりしているわけではなかったです。

経営学科の楽しかったところ

最も楽しかったのは企業の経営者を招いて講演してもらったことです。

知名度の高い企業から規模は小さいながらも利益を出している企業など、さまざまな企業の経営者のビジネスに対する考え方や苦労話を教えてもらうことができたので、とても参考になりました。

経営学科のつらかった・大変だったところ

簿記は経営学科経営学科で初めて学んだのですが、最初は全く意味がわからず、授業の内容を理解できていなかったです。

しかし、図書館で簿記のわかりやすい参考書を借りたり、市販の問題集を購入して勉強したりなど、努力したことで理解できるようになり、最終的には資格の取得まで達成できました。

経営学科の卒業後の就職先・進路

卒業後は銀行に就職して起業するための資金を貯めたり、銀行との付き合い方を学んだりしました。

同じ学部と学科の友達は銀行や保険会社といった金融機関やシステムエンジニア不動産会社などかなりバラつきがありました。

卒業後の所感・メッセージ

経営学部経営学科は将来的に起業したい考えを持っている人にとっては学べることが多いです。

ただ、何となく選んだという学生がいるのも事実なので、流されるのではなく目的意識を持って行動すれば、確実に成長することができます。