龍谷大学 経営学部 経営学科の口コミ(読了時間:1分39秒)

よっしーさん 30歳 男性

経営学科を目指した理由

将来自分の店を持ちたかったため、経営学部を目指しました。

当時はどんな店を持つかは決めていませんでしたが、経営を学ぶことで将来何らかの役に立つと思っていました。

また、経営を学ぶことは社会人になっても必要とされる知識だと思っていました。

経営学科で学んだこと・役に立っていること

経営学部で初めて簿記というものにあって人生が大きく変わりました。

簿記を学ぶことにより会社のお金の流れを理解することができるようになり、決算書を読めるようになりました。

現在ではその知識を生かし税理士をやっています。

経営学科の雰囲気

経営学部は文系です。

そのためどうしても学びに大学に行くというよりは遊びに行くという意識の学生が私も含め多かったです。

男女比は6対4くらいで男性の方が若干多い学部でした。

大学の特色もありお寺の跡継ぎの人が多いのも特徴的でした。

経営学科の楽しかったところ

経営学部の面白みはやはり経営を体系的に学べるところだと思います。

あくまで机上の空論で実践してみると全く使えないもののありますが、経済学部がミクロの視点で学ぶのに対し、経営学部はマクロの視点でより実践に近い形で学ぶことができる点は良かったです。

経営学科のつらかった・大変だったところ

一番つらいのは就職活動です。

経営学部を出たからと言っていきなり自分で起業する人はほとんどいません。

したがってどこかの企業に就職するわけですが、強みがありませんでした。

経営学で学んだことをどう企業に入って生かしていくのか、上手く答えることができなかったことが大変でした。

経営学科の卒業後の就職先・進路

わたしは卒業後税理士を目指すため専門学校に再進学しました。

わたしのように再進学する人も多く、友人はインテリアデザインの専門学校に進学していました。

もちろん、大手企業をはじめとする企業に就職した人がほとんどです。

卒業後の所感・メッセージ

大学は自由な反面、自分で判断して決めることが重要です。

目標をもって4年間過ごさないとあっという間に過ぎてしまいます。

将来自分がどうなりたいか、何をして生きていきたいかをちゃんともって、大学生活を送ってください。

職業カテゴリー